模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

なるべく早く 58号ランナーパーツ③について

質問の定期購読
  • 週刊スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン
  • 58号

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん
04月17日 21:32違反報告する

M_image

58号ランナーのパーツ③ですが、ランナーとつながっている突起は残すのが正解だったようですが、冊子の説明写真では確認しづらくて切り飛ばしてしまいました(画像は後で調べたものです。時すでに遅し……Orz)。
1個の部品だけ請求することとかできるのでしょうか?
もしくはこのディティールの元になったプラモデルの部品が何か分かる方はいらっしゃいますか?

ブラボー4 この質問に回答する12件   ブラボーとは

この質問の回答 12

Answer 001

tara_555

tara_555さん

  
04月19日 08:50違反報告する

こんにちは。
嗚呼・・・。
この書き込みを見て愕然としている人は多いのではないでしょうか。
僕もその一人です。
知りたくなかった情報を提示していただき、ありがとうございました。

このパーツと非常によく似たパーツが第66号にありますね。
このパーツの取り付けは第100号になるようですが、このパーツを切り取る時は気を付けようと思います。
ちなみに、このよく似た第66号のパーツは「エアフィクス 1/600 BELFAST」のパーツだそうです。
↓こちらの方がパーツの解析をされていらっしゃいます。
https://blogs.yahoo.co.jp/sum2222h
形が似ているので、第58号のこのパーツもBELFASTのパーツかも知れませんね。

パーツ1個だけの注文はできなかったように思います。
このパーツの修復のために高価な「エアフィクス 1/600 BELFAST」を購入するのは現実的ではありませんし、真鍮線などを取り付けることを考えた方が良いかも知れませんね。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 005

質問者

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん

  
04月19日 21:36違反報告する

>>1 tara_555さん

大変詳しいご回答ありがとうございます。
プロップを解析している方のサイトすごいですね……。
パーツはどうやらエアフィックスのベルファストのものに違いないようです。
情報提供ありがとうございます。

制作日誌を拝見いたしましたが、大変熱のこもった作品で感服しました。
すでに100号までの内容を把握されて製作にあたっておられるのですね!
そのような方を愕然とさせてしまうことになるとは、なんだか申し訳ない気持ちです……。

後から資料写真を確認していて、気づいたときには私もやってしまった、と思いましたが、これはひとえにデアゴスティーニの組立説明に問題があると思います。説明写真によってパーツの向きがころころ変わるので分かりにくいし、直訳調の説明文では
伝わりにくいところが多々見受けられます……

とはいえ、確かに真鍮線等での再生も容易かと思われますので、その方向で進めたいと思います。アドバイスありがとうございました。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 002

DEEPRAMBO

DEEPRAMBOさん

  
04月19日 10:31違反報告する

M_image

私もこのポカをやっちまった一人です。(^^ゞ
私はしょうがないのでピンバイスで1mmの穴を開け真鍮線で作り直しました。(^^ゞ
1mmのプラ棒でも良いと思います、この号のパーツをまるまる請求するよりはるかに
安く上がります。(^^♪
作業もそんな技術を要するものでもありませんし道具をお持ちでしたら、
御自分で制作される事をお薦めします。(^_-)-☆
パーツ代馬鹿になりませんし。(>_<)

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 007

質問者

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん

  
04月19日 21:42違反報告する

>>2 DEEPRAMBOさん

ご回答ありがとうございます。
やってしまった感が強くて今回書き込みいたしましたが、それぞれ楽しみながら工作している皆さんの製作日誌を拝見しているうち、ディティールアップのつもりでプラ棒等で再生してやればいい、と思えるようになりました。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 003

KNIGHT001

KNIGHT001さん

  
04月19日 10:35違反報告する

まだランナーにくっついたままです。
間違わずに組み立てる事が出来るので助かりました。
ありがとうございます。
m(_ _)m  

タミヤから1ミリ径のプラ丸棒が出ているので、
それをくっつけるかドリルで穴を開けて差し込むか・・・
その方法が一番安上がりみたいですが・・・・

ゲート部分だと思った所が実は必要な部分・・・というのが割とあるみたいですね。
コクピットの操作レバーのてっぺんの突起もその一つです。
ゲートを付ける位置をもっと考えて欲しいものです。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 008

質問者

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん

  
04月19日 21:51違反報告する

>>3 KNIGHT001さん

ご回答ありがとうございます。
後進の方の参考にしていただけるなら幸いです。

ゲートの位置も問題なんですが、きちんと組立説明のところで注記してほしいです。
希望としては組立箇所に対応したプロップの資料写真なんかも載せてほしい……翻訳の関係で冊子に入れ込むのが無理なら、公式サイトでアフターフォローするとかできないのでしょうかねぇ……

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 004

tara_555

tara_555さん

  
04月19日 21:29違反報告する

M_image

DEEPRAMBOさんとKNIGHT001さんの意見を参考にパーツを修復してみました。
パーツの側面に貫通しないようにドリルで穴(凹み程度にしかなりませんが・・・)を開けて、1mmプラ棒を差し込みました。
このようなリカバリー・ショットを放つのも模型製作の楽しみの一つですね。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 006

DEEPRAMBO

DEEPRAMBOさん

  
04月19日 21:36違反報告する

>>4 tara_555さん
今晩は、お疲れ様です。(^o^)/
お~~、良かった良かった、上手く修正されましたねこれで一安心。ε-(´∀`*)ホッ
確かにデアゴのパーツランナーは全的に太いので何処からがパーツかわかり難いですよね~、細くて小さなパーツは特に、これから先私も気を付けないといけませんね。
兎にも角にもうまくいってめでたしめでたし。(^^♪

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 009

汗人(あせんちゅ)

汗人(あせんちゅ)さん

  
04月23日 06:02違反報告する

M_image

>9fd9ad5847さん

初めまして!汗人(あせんちゅ)と申します。

安心して下さい。私もやっちまいました!(古っ)
taraさんのサイトでこちらの情報を知りまして、覗かせて頂きました。
本当に貴重な情報ありがとうございました。よく発見されましたね~。

でもこれ、組立ガイドが間違ってるなら、どうしようもないですもんね。
私もこれからプラ棒か真鍮線で補修しようと思います。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 010

質問者

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん

  
04月23日 22:49違反報告する

>>9 汗人(あせんちゅ)さん

ご回答ありがとうございます。
思わぬ反響をいただいており、恐縮しております。
やはりデアゴの組立説明でも突起はないですよね?
でも何か違和感を覚えたもので調べてみたら案の定で……いやはや。
プレートの切り欠きが抜けてることといい、高額商品なのですからデアゴにはアフターフォローしてほしいものです……。

とはいえ、こちらでエアフィクスのベルファストのパーツだということを教えていただきましたので、大変ありがたく思っております。

改めてtaraさんのブログで58号のランナーの写真を見せていただきましたが、
突起のディティールなのかランナーなのか、金型の仕上げが甘いような感じを受けますね……高額商品なのですから(以下略)

まあ、ここはプラ棒でよりシャープに仕上げてやったほうが精神衛生上も好ましいと意欲が出てきました(とはいえ細かいパーツなので、仕上がりに自信はありませんが……)。
皆さんの製作日誌を読ませていただくのが励みになっていますので、何かありましたらまたよろしくお願いいたします。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 011

質問者

9fd9ad5847

9fd9ad5847さん

  
04月25日 20:34違反報告する

M_image

皆様、このたびは多数のご回答をいただき、ありがとうございました。

なんとかプラ棒で修復できましたので、蛇足ながらご報告させていただきます。
不幸中の幸いといいますか、58号のパーツの突起をそのまま復元してもベルファストのパーツとは少し形状が異なっているようです。せっかくの機会と捉え、よりベルファストのパーツに近くなるよう位置を少し前にずらしてプラ棒を植えてやりました。
自己満足ですが、taraさんのいうリカバリー・ショットが決まった感じでほっとしました。

今回のやり取りを振り返ってみて、最初の私の違和感の出所に思い当たりました。
実は創刊号の装甲プレート(TP-1)にも似たようなディティールがあったんですね(画像の矢印のところです)。
すっかり忘れていたのですが、なんとなくどこかで見たような……というのが違和感のもとになったようです。

ちなみに創刊号のこの部分は、プロップではタミヤの1/700プリンス・オブ・ウェールズのパーツが利用されているようです。イギリス艦にはよくある形状なんでしょうか……

ともあれ、これからはファルコンの外装がメインの組立になってくると思われますので注意が必要ですね……

こちらでまた皆様のお知恵をお借りすることもあろうかと思いますが、その際はまたよろしくお願いいたします。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 012

tara_555

tara_555さん

  
04月26日 08:38違反報告する

>9fd9ad5847さん
ナイス・リカバリーです!
この棒は真ん中ではなかったんですね。
さすがに、この件は見なかったことにします。
次は製作日誌の投稿を楽しみにしています。

ブラボー2 この回答に返信する