ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ 4209 JR211系5000番代 増結編成4輛 (塗装済完成品)

Nゲージ 4209 JR211系5000番代 増結編成4輛 (塗装済完成品)

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

211系5000番台は1988年に登場した基本番台のマイナーチェンジ車両で主な変更点は、
前面を213系と同様に貫通扉・助手席窓の天地寸法を拡大、側面に車外スピーカを設置、
クーラーは集中型のAU75Gクーラー1基搭載からインバータクーラーAU711を2台搭載といった点が挙げられます。
2両編成、3両編成、4両編成が存在し、242両がJR東海各線区で活躍しています。
近年パンタグラフのシングルアーム化、ATS-PT取付によりスカートに保護板が取付されるなどの変化が見られます。
●各車両の車番は印刷済となります。
●製造年次によりサイズの異なる側面方向幕部分はモールドではなく、印刷による表現となります。
●動力車はクモハ211に設定、トミックス室内照明ユニット対応動力(2モーター式)を採用。
●先頭車同士の連結には付属のスイングドローバーまたはTNカプラーを使用。【ライト消灯スイッチ付き】
●製品の構造上動力車のライトユニットは消灯させることができません。
●床下機器は既存の新A、B、Cを使用いたします。
●クモハ・モハとクハ・サハで異なる側面ルーバーの有無を再現。
●スカートはATS-PT保護板付きのスカートを再現いたします。
●先頭部の貫通幌は付属する部品をユーザーによる取付(接着)で再現いたします。


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。