模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A6160 DD54-16 3次型 登場時

Nゲージ A6160 DD54-16 3次型 登場時

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

1966(昭和41)年、亜幹線用の機関車として登場したのがDD54です。
大出力の主機関1台を効率よく配置することで製造コストの低下と軽量化が図られた設計が特徴で、
当時の国産機関では要求性能が満足できなかったために西ドイツ(当時)のマイバッハ社製主機関と
メキドロ社製液体変速機のライセンス生産によって賄われることになりました。
しかし推進軸の破損事故やメンテナンスに問題を抱え、1978(昭和53)年までに全車が引退しました。
1次型と呼ばれる当初製造されたグループは前面窓上に配置された前照灯が特徴です。
後年になってエアフィルタの増設や手すりの増設などが行われ、表情が変化しました。
●1次型と3次型とで異なるボディ形状を専用金型で忠実に再現
●ヘッドライト点灯。LED使用
●フライホイール付動力ユニット搭載
●ヘッドライトは飾り帯の下に配置の3次型
●1,2次型とはカプラー解放テコの形状が違います
●前面手すりを最初から4本に設計変更され登場した3次型を製品化


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。