模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A2105 EF12-16 スノープロウ付 高崎第二機関区

Nゲージ A2105 EF12-16 スノープロウ付 高崎第二機関区

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

鉄道省は貨物用電気機関車としてEF10を製造していましたが、1941(昭和16)年に出力を向上させた新型電動機(MT39)を搭載して登場したのがEF12です。
登場当初は沼津機関区・国府津機関区に配置されました。
晩年は新鶴見機関区・高崎第二機関区に配置され、首都圏や上越地区のローカル貨物輸送に活躍しましたが、1982(昭和57)年を最後に全機引退しました。
1931(昭和6)年、中央本線甲府電化・上越線清水トンネル電化に伴って鉄道省は中型電気機関車ED16を投入しました。
初の国産大型電気機関車のEF52をベースに小型化した設計で、一気に18両が登場しています。
のちに中央本線、上越線の輸送力増強にともなって立川機関区、鳳機関区へ転出し、青梅線、南武線、阪和線などで活躍しました。
F級電気機関車の入線できない線区で重宝されましたが、路線改良に伴って順次その数を減らし、最終的には1984(昭和59)年までに全車引退しました。
●ヘッドライト点灯(LED使用)
●吾妻線・上越線に使用された晩年の姿を模型化
●スノープロウ装着


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。