模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット

  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット
  • Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット

Nゲージ A2062 三岐鉄道ED451タイプ+ED453タイプ 重連セット

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

相模鉄道のED11は1952(昭和27)年に製造された東洋電機製45t箱型の電気機関車です。
車体形状は独特の丸みを帯びたデッキ付きの車体で、3000系電車から流用したDT13台車、主電動機は128kwのMT30を搭載していました。
ED12は1953(昭和28)年に増備された車両で、ED11が金属サッシであるのに対し、Hゴム 支持となりました。
相模大塚の米軍厚木基地へのタンク輸送や相模川砂利輸送、厚木への小野田セメント輸 送等に使用されてきましたが、1998(平成10)年9月に貨物輸送が廃止され、近年は新型車両や旧車車両の回送等に使用されていました。
三岐鉄道ED45形電気機関車は1954(昭和29)年3月の三岐鉄道全線電化に合わせて電気機器を東洋電機製造、車体を東洋工機で新造したもので2月にED451〜ED453が入線しました。
車体形状は丸みを帯びたデッキ付きの車体で、運転台が右側にあるのが特徴です。1970(昭和45)年1月には全車重連化され総括制御が可能になり、後に前照灯が2灯シールドビームに交換。
乗務員扉や側面窓の形状が若干変更されています。
現在でも三岐鉄道の主力機関車として活躍中です。
●ヘッドライト点灯。LED使用
●2両共動力車のセットです
●ED451の2エンドにはダミーカプラーを装着
●2両共動力車
●ED451の側面乗務員室窓枠はボディ色の茶色
●ED453の側面乗務員室窓サッシは銀仕上
●同時発売予定のA2089 ホキ10000、A3132 ホキ1000の牽引機に好適です
※部品共用のためボディ裾形状が一部実車と異なります


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。