模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A1062 西武701系・新色 6両セット

Nゲージ A1062 西武701系・新色 6両セット

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

701系は、1963年に登場した西武初のカルダン駆動車601系の後継車として、1963年から1967年まで4両固定編成48本192両が製作されました。
行先方向幕の新設やステンレス飾り帯を前面に配するなど、西武オリジナルの顔つきとなりました。
1975年から1982年にかけて冷房装置搭載と電磁直通ブレーキ(HSC)化改造が行われ、塗装もドアを除き黄色一色になりました。
一部の編成では601系の中間車を編入するとともに、3編成をばらして6両固定編成が10本誕生し、余剰となった先頭車6両は2両固定化され、101系と同様の足回りを新製して501系となりました。
長らく新宿線系統で活躍してきましたが、1988年より廃車が始まり1997年に全廃されました。
●ヘッドライト、テールライト、急行灯、前面行先表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
●特徴的なステンレス扉を精密塗装にて再現
●車両ナンバー、社紋、検査標記、優先席マークを印刷済
●6両セット(A1062)、4両セット(A1063)共に動力車を収録
●冷房改造されボディを黄色に塗装変更した1970年代後半の姿
●601系からの改造車「モハ701-3」「モハ701-4」を収録(A1062)
●6両セット(A1062)の靴摺りは車体色の黄色
●4両セット(A1063)の靴摺りはシルバー仕上げ
●6両セットと4両セットを連結して10両編成でお楽しみいただけます
●「急行奥武蔵」ヘッドマーク付属


商品メーカー


商品仕様

素組み時間の目安
---
パーツ数
---