模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ A1984 西武鉄道10000系「レッドアロークラシック」7両セット

Nゲージ A1984 西武鉄道10000系「レッドアロークラシック」7両セット

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

西武鉄道10000系電車は1993(平成5)年12月に登場した特急型電車です。ビジネス、レジャー双方の需要に対応し、「ゆとりとやすらぎの空間」をコンセプトとして開発されました。
そのため6両編成の5000系とほぼ同じ定員数としながらも7両編成とし、その分シートピッチが大幅に拡大されています。
西武秩父線の勾配区間に対応し、またダイヤ組成上他の車両と走行性能が揃っている事が望ましいことから、足回りの機器は廃車された101系・5000系のものが活用されています。
愛称は「ニューレッドアロー」と名付けられ、頭文字となる「NRA」をあしらったロゴが車体に表記されました。
1993(平成5)年に新宿線系統の特急「小江戸」として運転を開始したのち、5000系を順次置換えつつ池袋線へと活躍の場を広げながら、2003(平成15)年までに12編成の増備が進められました。
2011(平成23)年には5000系を髣髴とさせるラッピングを施した編成が「レッドアロークラシック」として登場し、大きな話題になりました。
また、長町と同町の「寶登山(ほどさん)神社」が世界的に著名な旅行ガイドブックで紹介されたことを記念し、10107編成にラッピングが施されました。
両先頭車の乗降扉脇には名所の写真が展示され、前面にはヘッドマークがラッピングされました。また、編成全体の車体帯が緑色に変更され、「緑のレッドアロー」として大きな話題になりました。
●ヘッドライト、テールライト、愛称表示器点灯。LED使用
●フライホイール付動力ユニット搭載
●パンタグラフ形状をより実感的に改良
●実車に則してサハ10405の屋根上にロスナイ部品を2個取付


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。