模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Nゲージ 10-1113 381系100番台 「くろしお」 3両増結セット

Nゲージ 10-1113 381系100番台 「くろしお」 3両増結セット

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

昭和47年(1972)に特急「しなの」として世界初の振り子式特急電車として営業を開始した381系は、昭和53年(1978)10月の紀勢本線・和歌山-新宮間の電化時に特急「くろしお」の電車化が行われ、先頭車前面を非貫通式とした100番台が登場しました。
永らく紀州の地で活躍していた381系ですが、「くろしお」への新形287系の投入に伴い、現在は山陰・福知山線を主とする北近畿エリアに活躍の場を広げ「こうのとり」「きのさき」としても活躍しています。
287系の増備とともに去就の注目される381系100番台です。
●381系では0番台「しなの」に続き、非貫通式先頭車100番台の「くろしお」編成を的確に製品化。
●全盛期の平成元年(1989)JR化後の頃をプロトタイプに製品化。JR無線アンテナ装備、黒Hゴム、洗面所窓閉塞、JNRマークなし、JRマーク表示ありの典型的なJRの姿を再現。
●実車同様の振り子機構標準装備。
●0番台と違う100番台の先頭車床下や、汚物処理装置が装備された床下を新規に製作し100番台仕様を的確に再現。
●「しなの」とは違う「くろしお」の中間車(サロ381・モハ380)ボディを新規製作、車端の握り棒を表現。
●先頭車は変換式トレインマーク装備、「くろしお」「やくも」「きのさき」「こうのとり」の4種。
●側面行先表示は、各列車愛称に対応した側面行先表示を含んだシールを付属予定。
●中間部にはボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。実感的な連結部を再現。
●パッケージは、基本/増結セットとも、ブックケース(7両タイプ)入。


商品メーカー


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。