模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

1/12 ランチア ラリー037

  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037
  • 1/12 ランチア ラリー037

1/12 ランチア ラリー037

商品レビュー
0件レビューを書く
総合評価

商品説明

フィアットのモータースポーツ部門を担うアバルトにより80年代の世界ラリー選手権に投入されたグループBマシンがRally 037です。
グループ5マシンであるベータ・モンテカルロのモノコックを流用し、ボディデザインはピニンファリーナが担当、直列4気筒DOHCスーパーチャージャー搭載のミッドシップエンジン・リヤドライブ方式で開発されたRally 037は、1982年にデビュー。
四輪駆動とターボエンジンを装備したライバル、アウディ・クワトロと渡り合い、特に投入二年目の1983年には多くのレースで優勝し、マニュファクチャラーズタイトルを獲得しました。
その後、時代の趨勢は4WD・ターボマシンへと移行し苦戦する中、80年代半ばに後継マシンS4へ移行するまで活躍し、037は史上最後のMRマシンのタイトル獲得車として歴史に名を残すことになりました。

■ホワイトメタル、ウレタン樹脂、金属挽き物、エッチングパーツ、塩ビバキューム、ゴムタイヤ、デカール、各種コード類を使用したマルチ・マテリアル・キット。

■フロント及びリアカウル、ドアは開閉が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■1983年と84年で異なるエンジン周辺機器類もパーツ化。

■ヘッドライトレンズはクリア樹脂製で、実車同様のガラス面モールドも再現。

1983年開幕戦、伝統のモンテカルロラリーで見事1-2フィニッシュを飾った仕様を再現。リアバンパーを装備し、フロントカウルにライトポッドを装着した仕様をモデル化。


商品メーカー


こちらの商品を見ている人はこちらも見ています


作品写真

作品写真はありません。


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。