ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ハイゴック HG バンダイ 1/144 注水8

2017/04/21 17:49

通販サイト

販売価格 782 円

M_image

  ブラボーとは

腕の動力パイプを塗装。 スーパーアイアンとファインシルバーでまず塗装。両端は黄色を入れて筆塗りしました。様子見でスミ入れもしてみました。

いろいろいじっているうちに溶剤が指について触ってしまい、塗装が剥げた…上が剥げたやつ。一応再塗装で何とかごまかしました。

M_image

  ブラボーとは

スミ入れしてひたすら綿棒で落とす。
ホルベインのスミ入れ、以外といいです。エナメルほど素直に落ちないので、多少手間取る感じはありますが、やりにくいほどではないですし、完全に乾く前ならかなり調整が効きます。プラも割れるようなことはなくできました。

M_image

  ブラボーとは

ミサイルハッチ?を自作したものを接着。水性接着剤で。
計らず目測でくっつけました。 水性なのでくっつくまで余裕があるし、塗装を犯さないので安心です。

M_image

  ブラボーとは

次の作業のため、いったんツヤ消しクリアを薄く塗装。
が、自分でクリアにフラットベース入れたのですが、変な艶が出て半艶状態に。まあ、まだ手を加えるから後で何とかするけど。

M_image

  ブラボーとは

ホルベイン油絵の具でドライブラシしました。わずかに黄色を入れてます。

M_image

  ブラボーとは

画像では見えませんがw白い部分にミラーフィニッシュを貼る。ヘッドライト風。これにUVレジンを入れてレンズっぽくします。

ウェザリングマスターをかけ、極軽くフラットクリアを吹きつけ軽く固定します。

M_image

  ブラボーとは

ウェザリングマスターでエッジを立たせます。ここはまず触らないのでとりあえずこのまま組みます。

M_image

  ブラボーとは

潮焼けのラインを入れます。
油絵の具に白にわずかに黄色を入れてそれをウェザリングカラー専用うすめ液で薄めて塗りやすくします。それを流れ落ちるような感じのラインにして入れます。

M_image

  ブラボーとは

これを綿棒を使って拭き取るように伸ばしてぼんやりとしたラインが入ったようにします。さっきとパーツが違うのはご愛嬌ですw 水色のパーツほぼ全部に入れます。
流れ出る部分はあえて白があまり入らないようにしてます。
つきすぎたら綿棒で落とし、白のラインから入れなすこともします。

M_image

  ブラボーとは

黒い汚れはガンダムマーカーぼかしペンセットのものグレーを使いました。黒すぎず、割と手軽に使えます。
やり方は白のほぼ同じ。つけたいところにラインをいれ、それを綿棒で擦っていきます。つき過ぎやラインをもっとぼかしたい時はぼかしペンでなぞって落とすか、更に綿棒で擦ります。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。