模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

モランソルニエMS406 1/72 ハセガワ 同時進行7

2018/08/10 16:30

M_image

  ブラボーとは

クリアレジンでヒケを埋めます。こうするとレンズ効果でそれっぽく見えます。

M_image

  ブラボーとは

お腹にあるアンテナ。
着陸の時に引き込む。

う~ん、1つ行方不明なので自作することに。

M_image

  ブラボーとは

デカールを貼ろうとしたら、主翼の裏の黄色を塗っていないことに気がついた。慌てて塗装。

ですが、このキットのデカール、のりがおかしい。カスみたいなのがいっぱい残るので、デカールが浮いたらまず水で濯いでさらに乗せてから、綿棒でこすってこのカスを落とす必要があります。まあ、古いからのりが劣化したのだと思いますが、こんなことは初めてです。

なのでのりが落ちているのでマークセッター必須。また機首とかかなり無理して貼るのでソフターも必要です。

M_image

  ブラボーとは

排気口とデカールの穴(というか透明部分)を合わせるのにやたら苦労します。
透明部分に穴を開けるのは至難の業、というか絶対破れます。できるだけ穴の位置を合わせて慎重に綿棒で水を抜き、マークソフターでなじませ、後は皺ができないのを祈りますw

M_image

  ブラボーとは

これは失敗。ほんと、きっちり迷彩の位置を決めていなかったのでデカールと整合性がとれませんでした。
「11」が緑の部分と黒の部分にまたがるはずなのですが、全く黒の上だけになったため「11」の黒の部分が全く見えません。

M_image

  ブラボーとは

こちらも苦労します。
ラダーはエッジでデカールが飛び出し、ガタガタに。ソフターで強引に丸めてもごらんの様子。
またその上に2枚文字や数字のデカールを貼ります。どうもこれはラダーを塗装でやった人のためのようです。

この部分のデカールのはみ出しは乾いてからデザインナイフで慎重に削りました。(でもきれいにはできてない)

M_image

  ブラボーとは

ラインのデカールもやっかいもの。
ちょっと古くなっているので一部欠けました。反対側は2カ所切れてしまいました。
それに蛇の目の白の部分で透けてます。

M_image

  ブラボーとは

さらに、ほんとはおしりでもぴったり合わさるはずがどうしてもできません。無理するとデカールが切れそうです。
まあ、この隙間は目をつぶるしかありません。

M_image

  ブラボーとは

なぜかこのデカールだけ他の物より薄く、水を抜くために綿棒を転がしただけで破れてしまいました。
とりあえずこのまま乾燥。

M_image

  ブラボーとは

スピナー
まず、ダークブラウンでスミ入れ。
先端のみブラックでスミ入れ。

この手の原色や白は、ウォッシングで色が暗く落ち込みやすいであえて油絵の具の原色をわずかに付けフィルタリングします。これで色が落ち込み過ぎるのを抑えます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。