模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

初代マクロスゼントラーディ軍大型惑星揚陸強襲艦

2018/06/03 08:27

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

初代マクロスゼントラーディ軍大型惑星揚陸強襲艦

  ブラボーとは

初代マクロスに出てきた(らしい)1/20000ゼントラーディの大型惑星揚陸強襲艦を製作しました。これは所属している模型サークルのメンバーから完成品を見たことが無いからきちんと作って欲しいとの宿題を頂いた事から製作を開始したものです。
箱を開けてビックリしたのは、箱絵はそこそこの絵柄でしたが、組立説明書に出ていた写真、プラモデル本体のいずれも製作意欲が湧かないモノだった事です。(そもそも、箱絵と全く違う!下手をするとメーカーは表示法違反かも!)設定では全長3000㍍、高さ300㍍とバカでかいにも関わらず、のっぺりとしてスケール感を持てないものでした。辛うじておまけで付いていたマクロスと比べるとその巨大さが分かる程度です。
そこで、情報量を増やすために過剰なまでのスジボリ(1~4㍉間隔)、パネル毎の塗装、若干の凹み、細かく刻んだプラ棒の接着、余っていた艦船パーツの取付け、あまりにもひどい艦尾にはガンプラ用のバーニア、マクロス本体は要塞型から人型の強攻型に変えて変化を付けるために艦船模型の張り線を使って主砲発射直前のエネルギーがほとばしる様を表現しました。ブラックライトも効果的に使えました。デカールだけ古いせいかビクビク貼って、結果的にシルバリングを完全に消す勇気が持てませんでした(笑)。自己満足ですがやれるものだなぁと写真を眺めてました。そして、今回の自分への課題として手持ちの道具で完成させ、コスト0円を目標にし、それを達成できたことも満足度を高めることが出来た要因でもあります。
注目度は小さいと思いますが、習作として完成させた記録として投稿しました。


ブラボー53 お気に入り登録9   ブラボーとは

コメント26件

セブン1964

セブン1964
完成おめでとうございます。
たしかに酷いキットなので誰も作る気に成れないのか、完成したのを見ないですね。一気にラインナップを揃えるために2社で分担するにしても、アリイってどうなのよと当時思いました。
情報量マシマシで、付録の改造までお見事です。良いもの見せて頂きました。

06月03日 09:05このコメントを違反報告する

Delta-3

Delta-3
お見事です(^。^)。
LSTの作りこみ(もうほぼフル・スクラッチですね)で重量感がずっしり、マクロス主砲の再現に「はっ」としました。

06月03日 09:31このコメントを違反報告する

うね

うね
はじめまして。
私は以前古いお店(今はもう閉店)で3種類ほど買って作りました。
これくらい作りこめばなかなか見れるもんですねw
ブリタイ艦が欲しかったのに結局手に入れられませんでした(泣

06月03日 10:25このコメントを違反報告する

HT-TA

HT-TA
プラモブームが終焉後の4,5年は店の片隅によく積んであったのをよく見ました 
あの時代を考えるとなんでも売れる良い時代だったと思います
ちなみに私は売れ残りではカムジン艦を購入しましたが、同じ感想です
ただ、いまではこのキット達は結構なお値段になっていたのは驚きです
作品の作り込みについては見事な出来です
同スケールのマクロスは最初は「?」と思いましたが、なるほどです

06月03日 10:32このコメントを違反報告する

雅信

雅信
やっしーさん。
完成おめでとうございます。
…あの当時のマクロスシリーズはトンデモキットがありました。僕も箱を開けて数秒固まった記憶があります。
この艦スタイル見ると輸送艦ですね。あのゴーヤの様な固まりがよくぞここまで、と感心いたします。
光を上手く使った画像は素晴らしいの一言です!

06月03日 10:43このコメントを違反報告する

mitte

mitte
完成おめでとうございます!
完成した作品と、元のキット(最後の写真)を見比べて本当に驚きました。元キットの面影がなくなるほどの丁寧な作り込みと、とてつもないスケール感を感じさせる塗装技術にブラボーです!
マクロス主砲も、最初はCGかと思うほど非現実的な表現と、それを現実にしてしまうアイデアが素晴らしいです。

06月03日 11:36このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

セブン1964さん
いつもコメントありがとうございます。
超マニアの出題者もアリイは模型業界のトワイライトゾーンと言ってました。変な会社だという意味です。
そのころ作ったガウォークはやはりアリイせいだったのでしょうかね。
今回は開き直ってやったのが幸いしたのだと思います。
いやぁ、確かに元キットは酷かった(笑)

06月03日 17:49このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

Delta-3さん
ご無沙汰しております。今回はこんなの作っちゃいました。
技術の引き出しが少ない私が最初に思い付いたのが、スジ彫りでした。
では、どんな間隔にするかを考えたところ最小は1㍉の20㍍、最大は4㍉の80㍍間隔というものでした。最小はこれ以下だとスジ彫り下手な私には悲劇が待っている感じがしたので、そこそこ見映えがするこのルールでやりました。
スミ入れした時の色の変化も考えてこれくらいが妥当かと考えたものです。
主砲発射のアイデアは艦船模型の張り線を使えば電飾無しでいけると確信してやったものです。
でも、光量の調節が難しいのが難点でした。

06月03日 17:59このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

うねさん
こちらこそはじめまして。そしてコメントありがとうございます。
皆さんの反応を見ているとこのシリーズは悪名高いのですね。知りませんでした。はじめこの箱をメンバーから解説してもらった時にはブリタイ艦かと思ったのですが、なんだか知らない名称が箱に書いてあり「なにこれ?」と思いました。積みプラをしない主義なので積んでおく訳にもいかず、メンバーに宣言して始めることにしました。色々試しながら楽しめました。例えば、フィギュアならば当然ですが、下地に色を付けて変化を持たせるやり方などはあまりやらないのでトライしてみました。結果は良い感じでした。

06月03日 18:20このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

HT-TAさん
今回もコメントありがとうございます。
このシリーズは有名なキット群だったことが今回の皆さんのコメントで分かりました。もっと敬意を持って接しないとならないのですね(笑)
でも、本当に愕然としたのです!ダークグリーンをチャッと塗って「出来ましたよ!」と言う方法もありましたが、そこは私の真面目さが裏目に出てしまいました。マクロスはダイダロスアタックも考えたのですが、私の力量を越えそうでしたので諦め、不格好ではありましたが、以前やったブラックライト戦法を使うことにして変化を持たせました。
でも、何でマクロスとのセットなのでしょう?共同戦線張ってたのでしょうか?

06月03日 18:33このコメントを違反報告する

Yangmin(ヤンミン)

Yangmin(ヤンミン)
完成おめでとうございます!
巨大感が出てますね~!
あのキットをよくぞここまで重量級が感じられるまでに仕上げられましたねぇ!
マクロス艦の主砲の表現もお見事ですね(^o^)

06月03日 19:44このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

雅信さん
ご無沙汰しております。今回もありがたいコメント恐縮です。雅信さんも昔は箱を開けた瞬間に固まったのですね(笑)私はその時代は部活動に明け暮れてプラモデルは全く忘れていた時代なので、記憶にもありません。その時代を経ること30年以上の現代で私が同じアクションを起こしたとは不思議なものですね。さて、この船は輸送艦そのもので、Wikipediaによると「多数の小型艇や戦闘ポッドを搭載する大型輸送艦で、艦隊への補給任務のほか、惑星への戦力投入の際には真っ先に先陣を切る。艦尾に大型降下ポッド用の射出ハッチが並んでいる。」そうです。ゴーヤとは上手い表現ですが、私はソーセージとの印象でした。何だかゴチャゴチャ細工してました(笑)特に仕上げとなったウェザリングは面白かった工程のひとつでした。
光の表現ですが、アナログ表現しか出来ないレベルの私にとっては今回の光の表現は調度良い満足度です。

06月03日 20:54このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

mitteさん
こんばんは。今回もコメントありがとうございます。
前回もコメントしましたが、凄腕艦船モデラーにコメントをもらうのは緊張してしまいます。艦船模型の大変さは、私も経験済みですから、今回のお手軽作品とは気分的に大きく違いがありますし。
コメントでもお書き頂きましたが、最後の写真の酷さを見ていただいた様ですが、元々が酷い造形なので何でも有りの居直り気分で作りました。でも、どんなに頑張ってもmitteさんが作った大和の263㍍より少し大きいかなって位のスケール感にしかなりません。塗装も頭で分かっていたものを実際にやってみることが出来て有益でした。
主砲発射のアイデアを誉めて頂きとても嬉しく思いますが、そう言ってもらえるととても嬉しく感じました。ちなみにブラックライトペンと海軍機のようなペコペコ表現はダイソー購入です。これからもよろしくお願いします。

06月03日 21:49このコメントを違反報告する

mk戦車

mk戦車
ヤックデカルチャー

06月03日 22:02このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

Yangmin(ヤンミン)さん
いつも作品にコメント頂きありがとうございます。
巨大感を感じてもらえてとても嬉しく思います。写真は本当は少し離れて望遠がベストなのですが、パースの関係であえて近づいて撮影しました。そのためピントの問題が出ましたが、少しでも大きく見せる為に妥協してしまいました。
でも、下から煽り気味の構図が奏したのかもしれないですね。これはボツ写真ですがこちらは比較的巨大感が出せた写真です。
主砲発射のシーンは思ったよりもコメント頂き驚いてます。とても稚拙なので恥ずかしいアイデアだとも思ってました。しかし、艦船模型の張り線を使ってみることは初挑戦でしたが、もっと丁寧にやれば効果的なものになることが分かりました。これからもコメントジャンジャンお願いします。

06月03日 22:27このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

mk戦車さん
こんばんは。ヤックデカルチャーのコメントとても嬉しいです!と、勝手に好意的なコメントと考えました(笑)
マクロスの組み換え結構面倒でしたが、主砲発射でごまかせました(笑)
これからもよろしくお願い致します。

06月03日 22:35このコメントを違反報告する

G太郎

G太郎
やっしーさん>お邪魔します。
完成!お疲れ様です。
やっしーさんのスキルの高さでここまでの精度アップ!
アイアンギアー製作時の参考にさせてもらいます。(笑)

06月04日 03:40このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー
G太郎さん
おはようございます。
何とか出来ました。色々確認とトライをしながら出来上がったものです。
ここで分かったのは「カラーリングはスミ入れする分明るめの方が良い」「プラ棒は簡単に使えて便利」「ペコペコ表現は意外に使える」「取説を信じ過ぎない」「下地のパネル毎のカラーは効果的」等他にもありました。
アイアンギアの巨体に是非とも活用してみて下さい。

06月04日 07:30このコメントを違反報告する

Stressless Modeling(ストモデ)

Stressless Modeling(ストモデ)
完成おめでとうございます*\(^o^)/*

うーむ…凄い。。
みなさんへのコメントバックに掲載されている
塗装前のスジボリ状態画像なども圧巻です(*゚∀゚*)

アリイ社のドSっぷりを懐かしく思い出させて
頂きましたww

06月04日 08:01このコメントを違反報告する

DIYおじさん

DIYおじさん
マクロス、懐かしいです。
リアルタイムで見てたもので。
しかし、モナカみたいなキットを、ここまで仕上げるとは、感動です。
スケール感の出し方、どこか生物的な艦船の再現、お見事です。

06月04日 11:21このコメントを違反報告する

icecoffee450

icecoffee450
マクロスは知らないんですが、スケール感があっていいですね。
ロボット?の細い線が光っているのがいいですね。

06月04日 12:09このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ
この精密感が素晴らしい!
もし、この作品が店頭に飾られていたら、このキットはもっと売れたでしょう!
当時私は、模型屋店頭で箱を開け「こんなヘチマはいらない。」っと・・・。(笑)

06月04日 15:17このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

ストモデさん

今回もコメントありがとうございます。
実は私はスジ彫りはとても苦手でその練習を兼ねてたくさん引きました。いやぁ、良い練習になりました。ガイドデープを使いましたが、これも意外に使えない箇所があるので、そこはフリーハンドで練習しました。また、りューターも気楽に使えて楽しめましたが、その後処理もしっかりとやらねばならないことに気付かされた作品でもありました。結構ギザギサで違和感が残りましたから。
しかし、このプラモは普通買わないですよね(笑)
しかし、ストモデさんはいつもコメントの書き方が上手ですね。

06月04日 20:52このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

DIYおじさん
ご無沙汰しております。そして、コメントありがとうございます。対して注目されもしないと思ってましたが、たくさんのコメントとても嬉しいです。
私もマクロスはリアルタイムで見てました。日曜の昼という変な時間帯だったと記憶してます。バルキリーのデザインとその動き(後の板野サーカス)に驚いたものです。でも、この艦は記憶に全くありません。でも、Wikipediaによると頑強な構造で隠れた名艦と記載されてます!
生物的なデザインではありましたが、艦尾の空洞は目も当てられず、思わず地球工学的なロケットノズルをつけてしまいました。でも、意外にスッキリで気に入ってます。
スケール感を誉めて頂き感謝します。

06月04日 21:07このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

icecoffee450さん
コメント本当にありがとうございます。マクロスを知らない方からのコメントは作品を純粋に見て頂けたと思えるので、本音が聞けて嬉しく思います。
設定では長さ3キロなのでどんなスケールなのか私にもわかりませんが、(東京駅の赤レンガの建物がおよそ250㍍です)とにかくデカイようです。
ロボットはこの物語の主役艦のマクロスが(トランスフォーム)変形した後の形態で、先端から主砲ビームが発射される仕組みで、それを再現してみました。説明ばかりですいません。
写真はネットで見つけたきちんとしたプラモデルです。参考になりますか?

06月04日 21:20このコメントを違反報告する

やっしー

やっしー

M_image

シノイヌさん
今回もコメントありがとうございます。そして、遅くなりましたことお詫びします。
自分としてはチマチマ暗ーく製作してたらこんなになりました。他の人に見せるという適度なプレッシャーも必要ですね。
自分で言うのもなんですが、私もこの完成品が目の前に有ったら、買ってみようかなと思うかもしれません。いや、やはり劇中に出てこないのは買わないかもです。しかし、なんでこんなのがアリイ社内で発売オッケーになったのか不思議で仕方ないですね。う~ん、確かにヘチマですからねぇ。

06月05日 07:51このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。