模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ガレージキットを洗おう!

2014/03/23 23:34

M_image

  ブラボーとは

最近なかなかまとまった時間が取れないので、出来る事しかしてません。><
今回は先日購入しパーツチェックした後そのまま放置になっていたガレージキット「ジェノリッター改造パーツ(つんさん作)」と、ついで「Dスタ風 ギルもどき(キノさん作 …何時のだっけ???(=゚ω゚=;))」の離型剤洗浄をします。

※自分の経験則によるやり方で、訳も分からずやってる内に理屈が着いて来たって感じなので、参考程度でお願いします…

M_image

  ブラボーとは

使用している離型剤落しは、ファインモールドさんの「ご機嫌クリーナー」。

こんな事言うと各メーカーさんから怒られそうですが、どの離型剤落しもそれ程大差は無いですし、コスト面から見ても割に合わない物だと思います。
離型剤というと仰々しく聞こえますが、要はシリコンオイルです。油です。
なので油汚れに強い食器洗剤でも、本来はこれで十分落とす事が可能です。
じゃあ、何故専用クリーナーを使用するのかと言うと、単純に時間短縮の為です。
中性洗剤に浸けて一昼夜放置がだいたい今の主流になっているかと思いますが、一日置いた後、翌日作業できるか分からないような時は、離型剤用に作られた洗浄力の強いクリーナーでさっさと済ましてしまおうと言う事です。

M_image

  ブラボーとは

「ご機嫌クリーナー」を使っている理由も普段から大きいパーツが多いので浸け置きが大変だった為、吹き付けタイプのこのクリーナーを使っています。

一回目の洗浄。
クリーナを全体に軽く拭きかけ5分ほど放置。
サッと濯いで、レジンのカスなどを取り除きます。
そして、次が肝!!

M_image

  ブラボーとは

煮ます!!

煮る利点としては3つ
・モールドの奥に詰まった離型剤が遊離しやすくなる
・レジンパーツのガス抜きが出来る
・応力除去が出来る です。

当然ですが、鍋は調理用の物は使用せず模型用と割り切った鍋を使っています。
よく洗えば大丈夫な気もしますが、鍋はリサイクルショップ等で結構格安で手に入りますよ。

熱で離型剤が遊離しやすくなると言うのは分かると思いますが、模型誌等では全く触れていないレジンパーツのガス抜き。個人的に離型剤よりこっちの方が後々になって悪影響を出す大悪だと思っているのでいつも必ず抜いています。
レジンパーツを煮ると湯気と一緒にガスが抜けるので臭いです。しっかり換気しましょう。
大体5分くらい煮込むと臭いがしなくなるので、これでガス抜き完了です。

応力除去とはゆがみの修正です。
応力とはつまりストレスの事。レジンは長時間圧力を受け続けるとその力が蓄積され変形してしまいます。
煮る事でその蓄積された力を抜いて型取りされた直後と同じ状態に戻ります。

M_image

  ブラボーとは

煮込んだらパーツがグニャングニャンになったじゃないか~!!
と言われるのも怖いので、その後の処置を…
パーツ数が少ない時は鍋の中で徐々に冷ましていけば良いですが、(完全に冷ましてしまうとまた離型剤が落ちにくくなるので注意)パーツが重なっているとまた変形してしまうので、真っ直ぐにしたいパーツは熱々の状態で取り出し上から吊るします。
重力によって垂直に引っ張られるのでパーツがピンッとします。
今回は大剣ドラグーンシュタールが曲がってたらカッコ悪いですからね。吊るします。

M_image

  ブラボーとは

パーツ形状の確認が済んだら2回目の洗浄です。
パーツに満遍なくクリーナーを吹きつけ30分くらい放置。
表面が乾かないように時々ひっくり返します。

M_image

  ブラボーとは

濯ぎました。
小さいパーツは超音波洗浄機で大丈夫ですが、大きいパーツはブラシを使って奥まった所までよく洗います。ヌルッとした感じが無くなればOKです。

M_image

  ブラボーとは

水を切ってよく乾燥させます。
もう一度パーツチェックもしておきましょう。
流れて行っちゃう時も時々ありますからね。

M_image

  ブラボーとは

洗浄の効果を見る為、試しにギルの翼の裏にレジン用のサフを吹いてみました。
分かり難いので赤丸した所にマスキングテープを貼り、勢いよく剥いでみました。
…見事にサフも剥げましたね。
まぁ、予想はしていましたが…ヽ(`д´○)ノオイッ

M_image

  ブラボーとは

個人の勝手な解釈ですが、購入したてのレジンパーツは上図の様になっているのでは?と考えています。
離型剤は簡単に落ちます。
問題なのは離型剤とレジンが混在した層なる部分が存在するのではないかと言う事。
この層にいくらレジン用のサフを吹いても、サフに含まれる溶剤がレジンを侵食して食付こうとすると離型剤が浮き上がり、結果として弾かれているのではないかと推測。
レジンパーツを扱った物の説明はどれもクレンザーで磨き洗いを…と書かれています。
要はパーツ表面を削って欲しいのでしょう。
ならクレンザーで頑張るよりもヤスリ掛けした方が早いですよね。
プラキットでも普通にやってる事だし…
じゃあ、離型剤落しなんてする意味無いじゃん!と思われるかもしれませんが
離型剤は時間が経つにつれレジンへ徐々に浸透していきます。すると離型剤とレジンが混在した層が厚くなりより厄介になりますね。
いずれにせよ、離型剤の除去は早い内に済ましておく事が良さそうです。

これで今回のガレージキット達も離型剤の除去が済んだので、また暫くお休みして貰いま~す。(;ω;*)スマン
以上、うちでのガレージキットの洗浄方法でした。m(_ _)m


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー30 お気に入り登録15   ブラボーとは


コメント15件

modeller田村

modeller田村
凄い手間暇かけておまけに煮る!!!!!驚きました。
色々勉強に成りました。
これからも宜しくお願いします。

03月23日 23:50このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
投稿時のエラー大変でしたね
書き直しおつかれさまです。

私の場合、仮組み段階で薄いパーツや
棒パーツなど歪で曲がりや変形しているものに
限り熱湯で修正していますね。
 洗浄した後、やすりがけで足付けすればほぼ問題ないと
おもいますが、段差修正で大分やすってると、下に隠れている
気泡がこんにちは、するので、按配は気をつけてますね。
 投稿おつかれさまでした。

03月23日 23:51このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
modeller田村 様
いつもコメント有難うございます。
確かに工程は多いですが、作業は歪みを直すくらいで
あとは「待ち」なのでそんなに大変じゃないんですよ。
煮るのは良いですよ。
なんと言うかパーツがワンランク良質になると言うか…
個人ディーラーさんの物とかは特に実感します。

03月24日 00:48このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
hiroyuki@マルチ 様
いつもコメント有難うございます。
応援も有難うございました。
ガレージキットに関してはhiroyuki@マルチさんや
modeller田村さんの方が僕よりも断然詳しいでしょうから、
正直恥ずかしい内容で申し訳無いです。><

レジンパーツでは足付け作業は必須だと思いますが、
最近はレジンもシリコンも性能が良くなった為か
模型誌などでは離型剤さえ落としとけばOKッ!
みたいな書き方されている事が少なからず在り
それもどうかとも思う時が有るんですよ。

03月24日 01:12このコメントを違反報告する

Energetic02

Energetic02
 こてつさん
 こんにちは。Energeticです。こちらの二つは、ゾイダーが大注目のキットであります。とても貴重な工程と作品です。リアルな製作風景を拝見させて頂きました。

03月24日 13:54このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
 こんにちは。
 最近私はガレージキットを作っていませんが、これから何か作る機会があった場合のために、じっくり拝見させていただきました。大変タメになりました、ありがとうございます。
 煮るとは思わなかった……普通のプラモ煮たら溶けますよね。
 溶けると言えば、レジンキットの場合、塗料を普通のシンナーでなく機材洗浄用の強力なシンナーで溶いてエアブラシで吹くという手法をどこかで聞きましたが……もちろん普通のプラモでコレやったらドロドロになっちゃいます。レジンキットならでは、だそうで。

03月24日 14:12このコメントを違反報告する

240Z

240Z
あんまり放置すると、せっかく脱脂したのに、内部のキシレンなんかが出てきて悪さしませんか?
煮たら大丈夫なのかしら?

03月24日 19:23このコメントを違反報告する

icecoffee450

icecoffee450
レジンキットは作ったことがないので、作る機会があれば参考にさせていただきます。

03月24日 21:41このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
黒豆おかき 様
いつもコメント有難うございます。
「煮る」ってなにげにローリスク・ハイリターンで色んな効果が有りますよね。
水厳禁でない限りフィギュアの歪み矯正もドライヤーじゃなく煮てますし…
人も模型もお湯に浸かるとリフレッシュするんですかね???ヾ(´Д`;●) ォィォィ

03月24日 22:55このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
Energetic 様
コメント有難うございます。
こんなヘッポコ製作風景を貴重と言って頂けると大変有り難いです。
この二つのキットはゾイダーさんが注目するキットという事も
重々承知してますので、なんとか完成させて投稿したいのですが、
何時になる事やら…
取り敢えず、今作っている4キットを作り終えたら進める予定です。^^

03月24日 23:03このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
K-Zo. 様
いつもコメント有難うございます。
「レジンは煮込め…」
闇に葬り去られた数々のガレージキット達が
僕に教えてくれた、唯一の教えです。(笑)

レジンへの塗装は、よくよく考えるとプラモデル用の塗料じゃ剥げるのは
当然なんですよね。
塗料と言うか、その中の溶剤がプラ表面を侵食して塗膜が喰い付く訳ですから、
プラがちょっとしか溶けない溶剤じゃレジンなんて絶対溶けないですしね。
強力なシンナーで…と言う手法はおそらく正解なんでしょう。
僕は過去に気付かずツールクリーナーで塗料溶いてエアブラシでプラキットに
吹いて大惨事になった事があります。

03月24日 23:25このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
240Z 様
コメント有難うございます。
放置しすぎるのも問題ですよね。でも時間が…(。´Д⊂) シクシク
詳しく調べた訳では無いので経験上の話しですが、煮込むと部屋中臭くなるくらいなので、この時キシレンも含め有機溶剤系のガスは完全ではないにしろ大分抜けてると思います。
日誌の手順で洗浄したキットを新しい袋に詰め直し、シリカゲルを入れて保管していた物を2年くらい放置した事がありましたが、問題なく製作できました。
ソウガの明光がそうです。

ガレージキットは、特に個人で作製された物の中には添加剤と称して"別の物"を入れる方も居る様ですが、幸いそう言った物に当たった事も無いので、今の所この方法で放置しても問題は出ていないですよ。^^

03月24日 23:45このコメントを違反報告する

こてつ

こてつ
icecoffee450 様
コメント有難うございます。
経験則による何の根拠も無いやり方ですが、どこかで役に立てば幸いです。
レジンキットもプラキットとは違った楽しさが有りますよ!!

03月24日 23:52このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ
今、初のレジンキットに手を出していまして。
『enigma9641 さん』に紹介されての拝見です。
扱い方や考察、参考になります。
小さいキットですが、試しながら完成を目指します。

04月03日 18:31このコメントを違反報告する

ててこ

ててこ
レジンキットは、最初から大変そうですね~
その内、フィギュアリペイントしようかなと考えているところですので、
煮込み関係の手法は参考になります~

04月03日 19:25このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。