模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

レイスティンガー ストライク

2015/07/14 01:52

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

レイスティンガー ストライク

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 去年(2014年)からの持ち越し組の1品がやっと一つ完成、投じさせていただきます。
 この勢いで他の塗装待ち品をせっせと作っていけるかな……。

 さてこのレイスティンガー、カラーリングもマーキングも基本的にキットのままに準じています。主な工作はもともと鋭くなっている個所をさらに鋭くしたり、シャーシのバンパーをカットしてフロントフェンダーを大型化したりと、マンガ版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に初登場した際の鋭く凶暴そうな印象を前面に押し出すことに注力しています。
 パイルバンカーの射突も再現してますヨ(写真4)。しかしマンガみたく多車にアナを開けるならこの杭、電磁加速方式かなんかで射突しないといけないでしょうなぁ。火薬の炸裂で射突するのは無理がありそうですし。
 ダークなイメージを持たせようと照明をワザと暗くしてみましたが、ちょっと暗すぎたかな……反省。


ブラボー37 お気に入り登録0   ブラボーとは

コメント22件

こてつ

こてつ
『レッツ&ゴー!!』の最終回だったかな?
レイが小細工無しの勝負をする為に、パイルバンカーをへし折りますが
子供の手とは言えガッツリ握ってましたよね。
車体一台分のパイルバンカーを収納させ、更にそれを走行中に反動無く射出する。
20年近く前のミニ四駆は、現代科学の粋を超えていた!?ヾ(´Д`;●) ォィォィ

07月14日 20:32このコメントを違反報告する

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
ミニ四駆ですか かつて各種メーカーからバチ・・・いろいろでておりましたね
今はどうなっているのでしょうか?

これはカッコいいのですが実際の性能的にはどうなんですかね?

K-Zo.さんは競技会とか出られるんですか?

07月14日 22:53このコメントを違反報告する

kunny

kunny

M_image

とてもカッコイイです。パイルバンカー迫力ありますね、
塗装もgood コンクールデレガンスに出せそうですね、(#^.^#)
 凄く懐かしい、もう19年くらい前ですかね、
当時小学生だった息子とあちこちの大会に出て知り合ったお父さんたちと親父クラブまで結成して息子より夢中になってやっていました(^^;)
写真は現存する1台でコロコロコミックの応募券で買った
ブロッケンギガントのメッキボディです

07月15日 06:05このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
こてつさん
 レイスティンガーの所有者土方レイの仲間、近藤ゲンのブロッケンGは他のマシンを自重で押しつぶす「ハンマーGクラッシュ」なるワザをマンガ版では披露してました。しかし、他車をつぶすくらいの自重を持つクルマがどーやってフロントをいきなり自力で持ち上げるのか? 甚だ不思議です。
 大神博士のテクノロジーってスゴ過ぎですね。

07月15日 08:23このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
hiroyuki@マルチさん
 昔はミニ四駆のいろいろなバッタモンで花盛りでした。最近、といっても10年以上経ってそうですが、確かバンダイですら着手したことがありました。「WEBグランプリ 爆シード」だったかと。
 バンダイはタミヤが「ミニ四駆は子供のためのもの」と言い張り公式大会参加資格を中学生までと決めていた当時に、昔ミニ四駆にハマって今なお続けたがるファン層を取り込もうとしたのでしょう。しかし、タミヤが公式レースに大人の参加も認めてしまったところから、バンダイの思惑は哀しくも見事についえました。今爆シードマシンはプレミアムアイテムになってるかも?
 なお、このレイスティンガーは性能云々の前に、モーターを積んでおらず、走りません。完全に見た目重視、コンクールデレガンス用と割り切っています。レーサーとしても今の私は引退を決め込みましたので、こうして「見て面白かったりカッコよかったりするマシン」の製作に専念しています。

07月15日 08:32このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
紙ひも20号さん
 レイスティンガーの所有者、土方レイは確かに美少年と呼んで差し支えないですね。
 しかしよくよく考えると、標的と定めたマシンにレーザーポインターを当てるまでの間、レイスティンガー自体は何をどう判断しコースを走っているのでしょう? 半自律型自動操縦だとしたら、ラジコンカーよりスゴイです。逆にフルオート制御だったらポインターもいらず、勝手に片っ端から他車を破壊して回りそう。大神博士、どんな構造なのか、教えて!
 とはいえ遠隔操作をしないのが実際のミニ四駆の醍醐味ですから、半自律型でもヒトが制御するってアリなのかな? それじゃラジ四駆ですヨ。ミニ四駆を遠隔操作するのは、ある種の昔からのユメと言えば、そうなのですが。

07月15日 08:41このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
exclusivekunnyさん
 ご評価ありがとうございます。私もコレ、上手く出来たと気に入っております。
「忍びよる闇の銀刃」とでもいえそうなコンセプトで作ってみました。
 ブロッケンGのメッキボディとは、いいものをお持ちですね。カッコよく出来ておられますし。
 実は私もブロッケンGが好きだったのです。スタイルがフォーミュラカーの類でなく、市販のスーパーカーのようだった点が好ポイントだったように思います。マンガでの破壊力に魅せられたのもそうと言えば、そうでした。
 ミニ四駆って昔から子供たちよりもむしろ、親御さんたちのほうが張り切っているかのように思えます。私も父がめちゃくちゃ入れ込んでましたから。
 そして子供だった当時、勝利を逃し、情熱を捨て切れず燃やし続けていたあの頃の子供たちが今、大人となってかつてよりどっぷりハマっているわけです。ミニ四駆レーサーがいなくなることなんて、人類の歴史が終わらない限り、あり得ないことかもしれませんね。

07月15日 08:53このコメントを違反報告する

ぢゅん

ぢゅん
今の自分にはまさにタイムリーなミニ四駆。
レイスティンガー懐かしいですね。
製作したミニ四駆は数知れず、壊したミニ四駆も数知れず(´・ω・`)
塗装待ちの作品たちの登場も楽しみにしています。

07月17日 01:49このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
ぢゅんさん
 ありがとうございます♪ 
 最近また天気が崩れ出しましたので(台風も来るといいますし)塗装についてはなかなか進捗しておりません……でも、雨があけたら張り切って塗装して仕上げてまいりましょう。それまではとりあえず、手慰みに工作かな?
 ミニ四駆がタイムリーでしたか。次に発売のシューティングプラウドスターもカッコいいな、作りたいなと私も思っておりました。以前のDASH3号シューティングスターのエッセンスを受け継ぎながらも、あらたなデザインを打ち出してきたところがサイコーです。これをさらにカッコよくするにはどうするか? 悩ましくも、楽しいです。

07月17日 03:09このコメントを違反報告する

アナベル ガトー

アナベル ガトー
ミニ四駆は良くわかりませんが カッコイイですね。
車体のラインがすごくいいです。
ミニ四駆の世界も深そうですね。

07月19日 22:44このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
アナベル ガトーさん
 ありがとうございます。カッコいいのや車体のラインのよさは主に、ミニ四駆マンガ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の作者として、元デザインを起こしたこしたてつひろ先生のお仕事が大いによかったというところにあるでしょう。まぁ、私もなるべく元デザインをさらによくすべく、多少はあれこれ考え、作業しましたが……ちなみにこのマシンは主人公であるミニ四駆好き兄弟・烈と豪ら星馬兄弟の敵として立ちはだかる少年・土方レイの愛車「レイスティンガー」をベースとしています。
 ミニ四駆はモノスゴク深いですヨ! 昔公式大会で勝利を逃した子供たちが大人になった今でも夢中になっており、昔よりさらに凄まじい情熱を注ぎ込んで競い合っていますからね。勝つための技術力や発想もスゴいイキオイで進んでいます。
 今の私は競走から身を引いて、「見てカッコいい、面白い」マシンを創ることに傾注しています。そういうのを比べる「コンクールデレガンス」という部門も公式大会で開催されているのですヨ。『ガンダムビルドファイターズ トライ』でいうところのアーティスティクガンプラと同じです。当然のように見た目も性能もスゴイものを目指し創る、凄腕たちもたくさんいるわけです。ミニ四駆の楽しみ方はいくらでもあるというこですね。深いです。極めて。

07月20日 17:30このコメントを違反報告する

Energetic

Energetic
 K-Zo.さん
 こんばんは。Energeticです。こちらのマシンは、その印象として鋭利な刃物を連想しました。劇中でのマシンのコントロール法は、明確には語られず自然にレーサーと同調していました。正解は定まったものではなく、音声認識や超能力かもしれません。
 バトルマシンは、概ね武装の展開に音声認識を用い、ボルゾイレーサーに広く浸透しました。劇中でレーサーは毎日マシンと共に走ります。現実で乗用車やバイクの走行では目線によって自然に走行している地点が変わっていきます。レーサーはあの感覚を鍛えているのでしょう。そうすることでマシンをコントロールする精度が向上するという隠れた設定・劇中の常識が存在するのではと考えました。
 土方レイ曰く「スティンガーの性能を発揮できるのは、私だけなんだぞ!」という台詞も印象的で、マシンの個体差によって操作する個人もまた定まってくると考えるのもまた楽しい想像であります。
 今後とも応援させて頂きます。

07月25日 00:37このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
Energeticさん
 なるほど~そういう考え方も納得できますね。実際のミニ四駆はコントローラブルではないとはいえ、レースの際コースを走らせている最中は私は懸命にマシンを応援していたものです。そこには確かに、製作者=ドライバーとマシンとの一体感がありました。マンガ・アニメにおける競技シーンは、その一体感の延長を表しているものなのだと考えれば、小難しい理屈はとりあえずおいといてよいものなのでしょうね。
 星馬兄弟はじめTRFビクトリーズにとって、マシンは友達でした。そこには物言わぬミニ四駆にさえ、人間と接する時のような思いをもって接していたことが伺えます。そしてマシンを改良する都度、レーサーとして、人間として、主人公たちが成長していったことを考えれば、ミニ四駆もまたレーサーに働きかけ、成長を促してきたことも確かなように感じられます。
 ともあれ、ミニ四駆はドライバーとの一体感をそうと気づかせないうちに抱かせている、それゆえにヒトを夢中にさせる、コレは間違いなく、確かなことでしょう。それゆえに、未だにヒトを惹きつけ、イイ大人になってなお情熱を燃やさせるのでしょう。ミニ四駆はそういう意味で、もはやオモチャのレベルを超えたものと言えます。

07月25日 06:04このコメントを違反報告する

ヒゲ艦長

ヒゲ艦長
列&豪はとても好きです。子供と一緒に夢中で見ていました。今時のアニメにしてはスポ根もので仕上がっており、登場するキャラクターも明確で分かりやすい。未だに運転中にBGMをガンガンかけたりしています。土方レイのキャラも好きで、後半では、子供たちのトレーナーをかって出るところなんかはすごい伏線だと思いました。私の好きなモデルは、リアルミニ四駆のスピンコブラです。

07月29日 09:16このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
ヒゲ艦長さん
 ご覧いただきありがとうございます。
 う~む『レッツ&ゴー!!』は思いのほか、広く浸透していた人気シリーズだったようですね。まぁ、第二次ミニ四駆ブームの牽引役として十二分に貢献したという証ですな。そして今なお、支持されている……ミニ四駆とそれを巡るドラマにアツくなった思い出は、かつてレーサーとしてミニ四駆を駆った子供たちと、それを応援した親御さんたちの心にずっと生き続けていくのでしょう。

 リアルミニ四駆のスピンコブラですか。始めて見た際のインパクトは今なお、よく覚えています。飾るためのスケールモデル的ミニ四駆に傾倒している今の私には、リアルミニ四駆は今だからこそ欲しいアイテムだったりします。個人的にはプロトセイバーEVO.とスピンバイパー、あと『レッツ&ゴー!! MAX』のラインナップですがディオマーズ・ネロが好きですね。ぜひ、正真正銘のリアルミニ四駆シリーズとしてもう一度発売されてくれないか、と、首を長~くしております。今だからこそきっと、もっとイイものに仕立ててみせるゾ、と意気込んでます。

07月29日 09:35このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
-凛-さん
 目指したところは「マンガ初登場の際の恐ろしげなデザインインパクト」でしたので、それがどうやらうまく表現できたようですね。ご評価いただきありがとうございます❤
 どんな攻撃をもはじき返したネオトライダガーをも貫くレイスティンガーは私にとっても、オソロシイ強敵でした。それでも敵対勢力側である大神博士側のミニ四駆3台(ビークスパイダー、ブロッケンG、レイスティンガー)はいずれもデザイン面でそれぞれカッコよく思えましたね。もちろんそれぞれの攻撃力の面と、その襲いかかりかたも含めて、の印象でしょうけど……。
 このレイスティンガー ストライクで全て、一度は作ったマシンとなりました♪

10月06日 16:33このコメントを違反報告する

Dr.カノン(期間限定サムネイル)

Dr.カノン(期間限定サムネイル)

M_image

ミニ四駆はスケールモデルと違って、作る時も完成後も何かと遊べてしまうのがイイですよね~!私はどうも地味系ばかりに仕立ててしまいがちですが(^▽^;)

レイスティンガーというマシンは元々知らなかったのですが、各部をより尖らせたり、串刺し武器を再現したりといったワルそうなカスタムにシビレました(≧∇≦*)
ワルそうな表現のために照明を落とす心遣いもブラボーですd(^▽^)
あるいは、暗い所で距離を取り気味にしてフラッシュ撮影をするとワルさが増しそうな気もするのですが、いかがでしょうか(*゜▽゜)ノ

10月14日 13:00このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
Dr.カノンさん
 コメントお寄せいただき、ありがとうございます❤
 いっちょ地味そうでも「迷彩塗装」など施してみると、かえってミニ四駆=派手でオシャレという括りから脱して、カッコよくなるかも?

 レイスティンガーというマシンは10年ぐらい前の第二次ミニ四駆ブームの際に登場した『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』というコロコロコミック連載のミニ四駆販促マンガにて、敵役として登場を果たしたマシンです。半自動操縦と呼べそうな「そんなのアリ?」な代物で、所有者・土方レイ(美少年でファンも多いです)の指輪型ポインターから照射されるレーザーマーカーを追尾、レイが標的と定めた競走車にレーザーを当てるとその真後ろにつき標的を貫く、というおそらく「スティングレイ=アカエイ」のイメージを持たされていたクルマです。赤くない上、アカエイは危険な長い毒針こそ持つものの凶暴な魚ではないですが……(笑)。

 写真の撮り方についても大いに参考になるご提案、ありがとうございます。
 部屋を暗くしてフラッシュ撮影、銀色のボディのメカを印象深く見せるには、よいやり方かも知れません。ただいま銀色になる予定のメカ(善玉ですが……)を製作中なので、出来あがって撮影する折には試してみましょう❤

10月14日 14:25このコメントを違反報告する

Snufkin

Snufkin
ミニ四駆にパイルバンカー!凶悪過ぎ!
マンガもゲームも懐かしいなぁ…

02月09日 04:00このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
Snufkinさん
 懐かしいですよね~。でも、最近またいろいろとリニューアル再販があったりして、人気は再燃している模様です。
 あのころを懐かしみながら、新たなマシンを製作に励む私なのでした。レーサーとしては引退してますけど、コンストラクターとしては新たな道を模索して進んでまいりますヨ。

02月09日 07:04このコメントを違反報告する

KNIGHT

KNIGHT

M_image

懐かしい~~!

こちらの車体を拝見し
とても懐かしくなったので投稿させていただきます。

20年ほど前、子供と一緒に遊んでいた時のものです。
同じ車体を使っています。
たまたま見つかり、埃だらけでした・・・・・(^_^;)

02月09日 15:27このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
KIGHT001さん
 コメントお寄せいただき、ありがとうございます❤
 うぅむ懐かしいパーツ構成! たまたまとはいえ、見つかってよかったのかもしれません。
 バットマンマークからすると、バットモービルをイメージなさって作られたものなののように伺えますね。
 もう20年も経つのですね……でも、まだ終わりませんヨ。私はレーサーとしては引退しましたが、面白カッコいいミニ四駆を作ることは、ずっと続けていきたいと思います♪

02月09日 17:28このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。