模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

コズモマグネイト“Alucard”アルカード(西洋竜型)

2019/03/14 04:05

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

コズモマグネイト“Alucard”アルカード(西洋竜型)

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 第二次スタンド・リバー会戦のルールに合わせた形に我がアルカード様、リニューアルです❤

◆性能諸元
 全長 36.0m
 最大翼開長36.0m
 全高13.0m
 重量 不明
 最高速度 不明(「ミスティー・シフト」使用時は距離に関わらず移動時間ゼロ)

◆武装
 頭部超電磁ブレードホーン(メタルZi製)×1
 インペリアル・ノヴァ(口腔部中性化荷電粒子砲)×1
 インペリアル・ロア
 胸部タキオン波動砲×1
 胸部二連量子衝撃砲×1
 翼部・背部メタルZiブレード/ビームクレセントスマッシャー×3
 前脚部重力子爆雷投射機×2
 脚部ストライククォンタムクロー×4
 翼部射出式ストライクハーケンクロー×2
 尾部切断翼×2
 VAWNS(ヴァウンス:ナノマシン群体による多機能補助兵装)
 シャイニングランス
 時空破砕弾ドラスティック・ボルト

『-NEXUS- ゾイドリレイションズ』『ゾイド新世紀A.o.R.』『-ARQUAED- ゾイドリレイションズ(仮)』登場ゾイド。
「ヴァ・キ(声イメージ:関 俊彦)」と自称する、成年男性に擬態する等身大のヒト型バイオゾイドとともに行動する、「ゾイドアダム」にして最古のギル・ベイダー種。人語も達者(声イメージ:大友龍三郎)。
 陸・水・空・宇宙どこでも闘える完全無欠の戦闘機械獣。
『ネクサス』最終回にてヴァ・キと共に外宇宙へ「他星のゾイドと交流を持つため」惑星Ziを旅立ち、目的の星へ到達。そこで一個のゾイドコアを産み落としたが、星に現住する人類はゾイドと共生しながらも彼らを危険な存在と見做していた。そこへ外宇宙から現れた強大極まるアルカードは一層の恐怖を以て迎えられ、有力者エイブラハム・ヴァン・ヘルシング教授とその一派に封印されてしまう。難を逃れたヴァ・キの「Ziへ行け」という言葉に従いアルカードの息子・Zi-Blood(ズィーブラッド)“Arquaed”アークェイド(声イメージ:生天目仁美)はZiへ飛び、父の復活と自身の成長のための手掛かりを求め、アルカード復活を阻止せんとZiへ追撃してきたヘルシング一派と闘いつつZiの民とともに冒険を繰り広げることとなる。
 画像はアークェイドの活躍により復活した際の、アルカードの新たな姿である。

過去作品


ブラボー44 お気に入り登録5   ブラボーとは

コメント6件

ポンタロウ

ポンタロウ
おはようございます。
純白のカラーリングが美しいですね。

じっくりと画像を拝見させていただいていたら...FSSのドラゴン幼生=すえぞうを思い出してしまいました。

03月14日 09:37このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
ポンタロウさん
 おはようございます❤
 K-Zo.ゾイド世界で最初にゾイドコアを得てゾイドとなった「ゾイドアダム」であり、最強の竜なのでやはり美しくあらねばならない……というわけで、白と蒼基調です。

 しっぽはすえぞう=L.E.D.ドラゴンと同じ二股ですが、頭部デザインは一本角のサンダードラゴンのほうが似てるかな❤

03月14日 11:29このコメントを違反報告する

Energetic02

Energetic02
こんにちは。

Energeticでございます。

アルカードを封印した「ヘルシング教授」とは一体?
更に追撃の部隊を送り込み、他星に渡る実行力と執念。
その実力……、純粋な人類なのか。底知れぬ実力者だ。
アルカードが新たな形態を得たことで勝負は持ち越し
となったが、この場合。アルカードは如何にして己が
理想を他星民に伝えるかという点も見所。彼は教授達
にとってゲストであるし、今の所。教授の人物と目的
は不明なため、これまでの黒幕的存在ではなく極普通
の感性の慕われる有力者かもしれない。ストーリーの
新章は霊長類ゾイドの血筋対人類か、それとも……?

今後とも応援させて頂きます。

03月14日 20:08このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
Energetic02さん
 こんにちは。
『ネクサス』が終わった後で他星に渡ったアルカードはどうなったか? きっと今度こそ子供をもうけたハズ、ではそのアルカードの息子が活躍する話を作ろうか……と、今はまだおぼろげですが、とりあえず考えてみました。
 アルカードらが訪れた星のゾイドはZiの種ほど進歩していないことが後で彼らにも分かり、それ故に総じて知能が高くないようなのです。星の人類から見れば、ゾイドは彼らが世に繁栄した後で現れた種かも。だから、あまりに野生的すぎるゾイドたちを危険視しているとすれば分からなくもない話かと。
 そしてヘルシング教授はご指摘の通り、「黒幕」ではありません。お考えの通りまともな感性で住民から慕われる人物です。彼も彼なりにゾイドと共存する道を模索、その過程でいくらかの現住ゾイドを制御する術を得たもののまだそれは一般的でなく、必要悪的な見方で「ゾイドに対抗できるのはゾイドのみ」と、ゾイドで武装し対処を計っているようです。
 そんな最中に現れたのがアルカード。どうやって強大な彼を封印し得たかは謎ですが、間違いなく恐れられ、その息子も追われることでしょう。彼らを知り、根絶するには彼らの根源を知らなくてはならないと考え、それでZiに派兵したとも今は考えられます。
 この物語の最終回はヘルシング一派とアルカードが分かり合い、ゾイドたちとも平和裏に共生する流れとなるのは必定と考えていました。そしてアルカードとヴァ・キの目的は最初からそれです。
「全ての人とゾイドに調和を」、という理念は『ネクサス』からの引継ぎです。正当な続編ですから。
 
 日ごろ応援ありがとうございます❤

03月15日 06:29このコメントを違反報告する

Dr.カノン

Dr.カノン
ゾイドワイルドのアニメやプラモの後にコレを見ると、神格感ハンパないですね(^▽^;)もしあの世界にコレが出てきたらどうなるのだろうと想像してしまいました。
スタンドリバーでの活躍も楽しみです(^^*)!

03月16日 09:13このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
Dr.カノンさん
「余は神にあらず、一匹の動物に過ぎぬ。しかして左様に語られるは光栄至極」

 ……と、アルカード様は仰っております❤

 アルカードの大きさは『ゾイドワイルド』世界のゾイドたちとは比較にならない規模ですからね……最恐最悪のデスレックスすらハナイキで吹き飛ばされてしまうでしょう。
 そんな力の持ち主であるアルカードですが、彼は悪しき暴竜ではありません。ワイルド大陸の住民とそこに住むゾイドたちとも共存を図り、対等に交流しようとするでしょう。
『ゾイドワイルド』の主人公チームであるフリーダム団や彼らに味方するゾイドハンターたち、および彼らに理解を示せる人物なら、きっと仲良くなれます。デスメタル帝国みたいな相手にはその力のほんの片鱗だけを見せつけるなりして、「愚かな思惑は棄てよ」と説き、ゾイド含むあらゆる相手との和平の道を語るはず。
 何にせよ彼は訪れた先で諍いを起こすことなど望みませんから、その行き先々で最大限、善行となり得ることを模索し行動することでしょう。

 第二次スタンド・リバー会戦に参戦となれば、アルカードの関東圏での初披露です。どういう反応がみなさんから出るでしょうね❤

03月16日 11:33このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。