模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ガチャーネン JKフレンズを作る 第2章 完結編

2018/05/07 00:21

M_image

  ブラボーとは

自分の実力では1/35のスカート柄は描けないので、
ヤケクソ気味に製作した人力では塗装不可能なレベルのパターンデカール。
一応、貼った後に多少でも陰影が見えることを期待して、
下地に陰影塗装をしておきます。
顔を描きこんで無いのでコワイ…(>_<)

M_image

  ブラボーとは

スカートのヒダに合わせてデカールを三分割し、
マークソフターを駆使してなんとか貼り込み完了(´Д` )
後ろのMrカラーの瓶から大きさをイメージして下さい。

今回は顔もしっかりモールドを彫り込んでいたおかげで、
多少は見れる顔を描けました。

M_image

  ブラボーとは

ガチャーネンは箱買いするとダブり無く15種が揃うのですが、
デカールはランダム封入のため必ずしも揃うとは限らず、また偏りもあります。
今回私は「デカールC」が多めでした。

M_image

  ブラボーとは

そこでコレを活用するべく、目の様な模様のデカールを大量消費!

M_image

  ブラボーとは

ガチャーネン1.5には1/35の動物プラモも含まれているのですが、
犬・猫に比べて完成させて貰える率が低そうなアヒルをポーズ変更までします。

今のところ、このアヒルをココまで作り込んだのは自分だけでは無いかと…(^^)

M_image

  ブラボーとは

ベースの製作。
Three Sheeps Designさんが販売しているエッチングパーツ製の
「1/35 マンホールの蓋 京都府編」を入手!
これで私の居住地である京都市の街並みが再現出来る!

M_image

  ブラボーとは

通勤途中に撮影した、この横断歩道の雰囲気を目指します(^^)

M_image

  ブラボーとは

アスファルトの表現は情景師アラーキーさんの本を参考に、
120番の布ヤスリを使用します。
そのままではいかにも「ヤスリ」なのですが、2枚を擦り合わせることで
キラキラしたガラス質などがリアルなアスファルトっぽい雰囲気になります。

M_image

  ブラボーとは

マスキングして叩きつける様につや消し白を塗装。
塗り過ぎたところは、ヤスってやることで適度なハガレに。
タミヤのウェザリングマスターで粉っぽい汚れを加えます。

M_image

  ブラボーとは

フィギュアをレイアウトして、タイトルプレート貼り付け。
この後、一晩寝てから見直して、アヒルの位置を少し動かして
完成としました(^^)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント2件

DXまん

DXまん
おはようございます。アスファルトに布ヤスリ!なるほど…自分もいつ作るかわからないですが、アスファルトを土台にしたビネットネタがあるのですが、コルクボードを使おうかしら、とか思ってましたが、ヤスリ!色とか粒子の具合がマッチしてるんですね!いやはや、ほんと1/35に合いますねー(;゚∀゚)=3

05月07日 10:50このコメントを違反報告する

かる☆がも

かる☆がも
DXまんさん

80〜120番くらいの布ヤスリを使うと、多分1/12〜1/48くらいは
違和感無さそうなリアルなアスファルト路面が簡単に手に入ります。
ってエラそうに言ってますが、私も今回初めて試したのですが(^^)

05月07日 21:48このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。