DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

自己紹介

プラモデルに出会ったのは約半世紀以上前。胴体と翼をくっつけてあと透明樹脂製のキャノピーをつけて出来上がりといった、今ならだれも見向きもしないような代物でした。
その後色々なメーカーからプラモデルらしきものが出てきましたが、金型の精度が悪くてバリが多かったり部品同士が合わなかったりと、少ない小遣いを貯めて買ったのに結局ものにならなくて悔しい思いも何度かしました。今から思えば日本のプラモデルメーカーの創成期だったのでしょう。そんな中から出てきたのがタミヤとハセガワでした。飛行機はLEVELとハセガワの1/72シリーズ、戦車はタミヤの1/35シリーズでずいぶんお世話になりました。
結局小学校・中学・高校まで夢中になって作っていましたが、大学・社会人・結婚・子育てと
ついつい長い期間モデル製作から遠ざかっていました。
その間、雑誌やインターネットで素晴しい出来のモデルやジオラマを見てはため息をついていました。
還暦を過ぎたころからようやく心にも余裕が出来てきたのか、何か作ってみたくなり探していた時に出会ったのがDeAGOSTINIのH.M.S VICTORYでした。
毎週少しづつ届くので気楽にやれそうだと(今から思えば甘かった!)始めたのですが
これがきっかけであれこれ作りたい気持ちに火がついて、店頭やインターネットであれこれ気に入ったものがあれば矢も盾もたまらず手に入れ(結局作る時間が取れず屋根裏部屋にて待機中)、妻にあれこれ文句を言われながら工具を揃え物置を工作室に改造してと環境は整えたものの、気付いてみれば老眼で細かいものは見えないし指は思ったように動かないという厳しい現実を思い知らされました。
しかし、それから約2年、執念というものは恐ろしいもので続けていればそれなりに指先も動くようになりました。
時間が取れるようになったと言っても、仕事の方もまだ現役でまとまった時間は取れないので
なんとか折り合いをつけてマイペースでやってますが、ホビコムを知ってメンバーの方の作品を見ているとため息が出るばかりです。
しかし、それにもめげず楽しみながら頑張ります。


daldadさんの新着情報

daldad

daldadさんがボギーさんの製作日誌「清水寺 完成❗️」にコメントしました。

11月18日 13:53