模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

新型戦闘機「放電」開発計画終了

2018/06/06 15:18

M_image

  ブラボーとは

南東 北星です。

極秘に開発していた、新型戦闘機の開発過程を、振り返ります。

操縦席です。

射出座席を、装備しています。

M_image

  ブラボーとは

切り貼りした機体に、操縦席を入れておきます。

M_image

  ブラボーとは

主翼先端を力技で曲げて、松本メカ風味にします。

M_image

  ブラボーとは

垂直離着陸用の噴射孔を、開けます。

M_image

  ブラボーとは

手戻りです。
隙間ができたので、パテでふさいで、整形のやり直しです。

M_image

  ブラボーとは

垂直離着陸用のエンジンを仕込んで、ゲートに造作をしています。

機体は、ほぼ完成なので、主翼を付けたら塗装に入ります。

M_image

  ブラボーとは

機体を塗装して、デカールを貼りました。
操縦士を、よそからスカウトしてきました。

M_image

  ブラボーとは

完成した機体に、下方推力解放のエフェクトを追加してみました。

M_image

  ブラボーとは

エフェクトを飾りつけして、完成です。


ここまでご覧いただき、ありがとうございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー22 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

Delta-3

Delta-3
エンテ配置の前進翼は
  空力荷重によって翼端がねじりあげられる(+ひねりあげられる)
のでその分、「迎え角」が増え、揚力が増す、という特性があり、この分を見越して、折り下げてあるのは、
  安定性を減らして操縦性を上げるため、
と読めなくはないなぁ、と。リフトエンジンの噴流を「囲い込む」のにも、上昇中での抵抗を低減するのにも役立ちますね(^。^)

…で、さや殿が時々「視線追従」になっている点については、別途解説してみようと思います。意図してやったものではなく、偶然でしたが(^。^;)

06月08日 00:51このコメントを違反報告する

南東北星

南東北星
Delta-3さん、いつもありがとうございます。
エアロダイナミクスの観点からの解説、恐れ入ります。
そこまで考えていませんでしたが、元の状態ではV字型に翼端がまっすぐ伸びるので、これは、速度重視ならいいけど、旋回したら折れるんじゃないのかと、直感で下げたまでです。
けっか、ご推察の通りですヽ(*^ω^*)ノ

さやの表情変化は、視線によりますね。
もうしばし、観察してまいります。

06月08日 10:49このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。