DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

いざ、挑戦! 軽巡 由良 その8

2017/01/05 20:17

M_image

  ブラボーとは

さて前回からの続きで甲板上のディテールUPですが、船体中央を行って行きますよ~

そこで私が持ってる資料本の中にあったこの写真を参考にして行きます。 白黒写真ですがこの写真からは色々な情報が得られます。

M_image

  ブラボーとは

まず最初に第2・3煙突の間にある測距儀台は高床式なのでその改修を行いました。
キットのパーツをヤスリで均した後に中央に2mmプラ丸棒を、四方の支柱は伸ばしランナーで取り付けます。 その後に0.3mmプラ板の切り出したモノを接着して中央にまた2mmプラ丸棒を接着してあります。

M_image

  ブラボーとは

次に行ったのは写真から確認出来る、四角い通風管の設置です。これは1mmプラ角棒を切り出してそのまま接着してあります。 また第3煙突後方の構造物はネイビーヤードの模型図を参考に2mm・3mmプラ角棒を切り出して接着してあります。

M_image

  ブラボーとは

そして次に写真から読み取れる一番上が3角形の枠組みがある構造物を作って行きます。
使ってるのは0.3mmプラ板です。
先ずは一番したの土台を接着してから枠組みを作ります。

M_image

  ブラボーとは

枠組みが完全に接着出来たら蓋をします。

M_image

  ブラボーとは

ここから使ったのは0.2mmプラ板です。
蓋をした台の上に2つの枠組みを2つ作ります。 

M_image

  ブラボーとは

枠組みが完全に接着出来たら0.5mmプラ角棒を使い3角形の枠組みを再現します。
スケール的に写真の形状を完全に再現出来ないのでここは雰囲気を優先しました(^^;

でもこれ・・・何なんでしょうか?

M_image

  ブラボーとは

ちと写真撮るの失敗しちゃいましたが、 第1・2煙突の間にある缶室通風管の上の測距儀のレールはキットのモールドを削り落としてヤスリで均した後に伸ばしランナーでやり直してあります。 又、前部魚雷発射管の所にある橋と言うか通路は0.5mmプラ板から切り出して取り付けました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。