模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

受賞作品ノーマン・ロックウェル「自画像」 1/6スケール

2016/06/15 12:58

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ノーマン・ロックウェル「自画像」 1/6スケール

  ブラボーとは

 アメリカ人画家ノーマン・ロックウェルが描いた「自画像」を 1/6スケールのアクションフィギュアを用いて表現した自作作品です。実際に制作したのは 2014年ですが、本年五月の静岡ホビーショーにも出展しておりました。

 写真は 1枚目から 4
枚目までが本作品の紹介、5枚目以降が製作工程の紹介になります。特に 9枚目の写真は本作品のもとになった絵画「自画像」と本作品を対比したものになります。本来平面である絵画を立体化したことにより、異なった視点からも絵画の構図を伺い知ることができるようになった点に面白みを感じています。

 制作にあたっては、先にフィギュアから着手しました。ボディーはドラゴン社の素体を使用し、各関節は可動範囲を増すために削り込んであります。ヘッドは既製品のスティーブン・ジョブスの鼻筋が似ていたため、それを彫り込んで使用しました。衣類はすべて既製品の流用によるものです。
 イーゼル、スツール、椅子、鏡などの家具類や調度類はすべて自作によるものです。本はミニ本を、木製の椅子の脚はドールハウスの家具のパーツを応用するなど、アイデアを凝らして作成しました。ちなみに 絵筆はつまようじを削ったものです。
 全体として大変楽しい模型製作であったと記憶しております。。

過去作品

ホビコム月例コンテスト(2019年1月応募分) 最優秀賞

審査員(ホビコム事務局) からのコメント

講評
過去作とのことですが、これは快作!
1/6というビッグスケールでドールハウス的でもあり、仕上がりは所謂模型的手法を取り入れられており、見ていて楽しい作品です。
絵画を立体に置き換えるというテーマを見事に昇華していますね。

ブラボー88 お気に入り登録22   ブラボーとは

コメント11件

ノリ

ノリ
ホビコムでこんなに素敵な作品を拝見できるとは思いませんでした。

いやぁ~ 楽しまさせていただきました。ありがとうございます♪(´ε` )

06月15日 19:56このコメントを違反報告する

DXまん

DXまん
こんばんは。あら!服は布製なんですね!素敵で楽しい作品ですね!^ ^

06月15日 21:15このコメントを違反報告する

Hiroya Nakano

Hiroya Nakano
ノリ様
コメント、ありがとうございます。
まだこちらのサイトに参りまして 1週間ほどしか経過しておらず、いまだに自分の周囲の状況がよくわからないのですが、ともあれ拙作をお気に召していただけたようで何よりです。ノーマンロックウェルの作品は模型映えするようで、海外のメーカーからは1/32の金属模型のシリーズなども出ているようです。

06月16日 07:33このコメントを違反報告する

Hiroya Nakano

Hiroya Nakano
DXまん様
コメント、ありがとうございます。ええ、布製なんです。私が模型製作の素材に使用しております 12インチアクションフィギュアは縮尺1/6ですので、ちょうどバービー人形と同じスケールになります。通常 ボディーはプラスチック、ヘッドはプラスチックもしくは レジン。服は 布製になります。ですので服の皺の付け方や汚し方なども模型製作における重要な要素となります。

06月16日 07:55このコメントを違反報告する

MI工房

MI工房
ノーマン・ロックウェル。鬼才、天才ですね!
美術学校の西洋美術史で習いました。
ドイツ戦闘機ばかりでしたが、アクリル絵の具、
手にいれて、フィギュアなど、作り上げたくなりました。
これからもよろしくお願い致します。

06月18日 15:20このコメントを違反報告する

アナベル ガトー

アナベル ガトー
素晴らしい!!!!もう芸術です。
ハンパないリアル感 本当に絵を描いているみたい。
工夫をこらした製作はすごく勉強になります。
1枚目はどのように撮影したのですか?
なぜカメラが写りこまないのですか?よろしければ教えて下さい。

06月19日 11:25このコメントを違反報告する

Hiroya Nakano

Hiroya Nakano
MI工房様
コメント、ありがとうございます。実は最近1/6可動フィギュアのパイロットと戦闘機の融合を画策しておりまして、こちらのサイトで公開しましたもう一つの作品も映画「永遠の0」をモチーフとしたコックピットモデルとなっております。もしよろしければご覧になってください。こちらこそどうぞよろしくお願い申し上げます。

06月19日 15:22このコメントを違反報告する

Hiroya Nakano

Hiroya Nakano
アナベル ガトー様
コメント、ありがとうございます。1/6アクションフィギュアを使用した模型製作は、最近でこそドラゴン社などからキットが発売されるようになりましたが、もともとは自作が主体で、皆さんいろいろな工夫を凝らしていらっしゃるようです。
写真の件について申し上げますと、この写真は真後ろから撮影しているように見えますが、実は左斜め後ろから撮影しています。ですので鏡の中には撮影者が写ることはなく、撮影者の右後方が写りこんでいるわけです。

06月19日 15:46このコメントを違反報告する

アナベル ガトー

アナベル ガトー
丁寧なご返答 ありがとうございました。
真後ろから撮影してるように見せるテクニックが
素晴らしいです、改めて撮影の大切さが分かりました。
次の作品も楽しみにしています。

06月19日 19:49このコメントを違反報告する

きたけつね

きたけつね
最優秀賞おめでとうございます。
既に受賞されている作品だと思いました。
何度見ても素晴らしいです!

02月28日 18:14このコメントを違反報告する

Hiroya Nakano

Hiroya Nakano
きたけつね様
この度は過分なるお褒めの言葉を頂戴し、恐縮致しております。
加えて日ごろから拙作にご関心をお持ちくださり、ありがとう
ございます。
今後も皆様に楽しんでいただける作品を目指して、模型作りを
続けてまいる所存ですので、宜しくお願いいたします。

03月01日 07:10このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。