模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

エナメル塗料を見直す・・・。

2019/03/14 19:14

エナメル塗料を見直す・・・。

エナメル塗料を買いました。
昔からタミヤのエナメルを使っていました。
ここ数年はメイン塗料を、
GSIクレオスのMrカラーに切り替え(ラッカー系)。
エナメルの登場は、
ほとんど使わなくなってしまいました。
しかし最近タッチペイント的に、
エナメルを使うととても便利だと知り、
再認識するようになりました。
下地のラッカー塗料を溶かしません。

もちろん種類を増やす訳にはいかず、
シアン、マゼンタ、イエローと、
三原色を中心に揃えました。
つまり必要に応じて色を作っていく感じ。
僕は色の調合を得意としているので、
これで十分です。
メーカーはガイアノーツ です。
 
さらにGSIクレオスの10mlスペア瓶。
なぜか今までこの商品が無かったんですよねぇ。
今月発売されたので早速購入しました。
頻繁に色調合する人間にとっては、
これは必須アイテムです!


製作中の写真の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバー

ブラボー29   ブラボーとは


コメント2件

タカ-P

タカ-P
プラモデル作りに復帰する数か月前まで、塗料と言えばタミヤのスプレーとエナメル瓶しか知りませんでした。
ラッカー、アクリル、エナメルと種類が有るコトすら知りませんでしたが、色々と皆さんの記事を拝見し、参考にさせて頂き、現在はラッカー系がメインになりました。
でも、やはり筆塗の塗り分けはエナメルが手放せません。
筆に含んだエナメルの塗料って、なんだか安心して塗れるんですよね~(^^;

03月15日 00:05このコメントを違反報告する

NAOTO

NAOTO
タカ-Pさん、

僕もプラモデルの塗料といえば、
タミヤというイメージでした。
子供の頃はレベルカラーを使っていましたが、
最終的にタミヤのエナメルに落ち着きましたね。

でも復活してエアブラシやウェザリング、
クリアーの使い方を知るようになってから、
エナメルは第一線から降り、
GSIクレオスになりました。

さらに塗料の”質”を理解するようになった今、
エナメルも復活してきた感じです。
筆塗りはやっぱエナメルですね。
エナメルの上にラッカーでオーバーコートすれば、
ウェザリングもできます。
筆塗り用に適度に希釈すると、
塗りやすさはさらに増しますね。

03月15日 01:56このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。