模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ジービーR1(テスター1/48)

2017/02/25 15:05

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ジービーR1(テスター1/48)

  ブラボーとは

1932年のトンプソン杯で優勝したジービーレーサーです。頭デッカチの特異な姿ながらレプリカ機の動画を観ると運動性は良好のようですね。
詳細は製作日誌に投稿しています。キットは1960年のホークの金型ですので、マーキングの浮き出しがある昔ながらのティストです。キャノピーが極小なので内部が見えませんので乗降扉の開閉機構を自作しレプリカ機の画像を参考にコックピットをプラ板でデッチ上げています。キットのキャノピーは扁平でしたので、塩ビ板で絞っています。それと同時に尾翼周りを削りました。マーキングの浮き出しを削った関係で羽布をプラペーパの細切りで再現しています。張り線は基部に真鍮管を取り付けた真鍮線を用いました。揺れ止めはプラ丸棒に穴を貫通させています。
デカールの色味がくすんでいたので塗装仕上げしましたが、レーサー機特有のカーモデルのようなスッキリした仕上がりにはできませんでした。小さな手描き文字は30cm離れればそれらしくは見える程度です。デカールを自作できればいいんですけどね。年末の展示会のテーマである「1/48」の1機目が完成しました。テスターのレース機を中古模型屋で見つけましたので順次製作していきます。どれもクリア部品が欠品してはいますが、ジービーレーサーの経験を活かして、次はスッキリした仕上がりを目指します。


ブラボー61 お気に入り登録5   ブラボーとは

コメント6件

ひげのば

ひげのば
どーもです
何気にポルコが似合い過ぎです
機体も綺麗に仕上がりましたねー
お見事です!(^ν^)

02月25日 17:59このコメントを違反報告する

TOSHI

TOSHI
ひげのばさん
コメントありがとうございます。フィギュア高が37mmですのでポルコの身長1.8mになりますので搭乗できるはずなのですが、体形的にはまず無理ですね(笑)
紅の豚の設定が1929年で、ジービーレーサーがトンプソン杯を取ったのが1932年ですから、ポルコが搭乗していてもおかしくはないと思います。
古いキットですので手間取るところもありましたが、楽しく作ることができました。これからもよろしくお願いします。

02月25日 18:39このコメントを違反報告する

terua47

terua47
完成おめでとうございますっ。
レーサー機特有のスタイリッシュなカラーと、ずんぐりむっくりのフォルムが
えもいわれぬ雰囲気を出していて最高ですっ。
次回はコードロンとかでしょうか?楽しみにしています。

02月26日 11:04このコメントを違反報告する

TOSHI

TOSHI
terua47 さん
コメントありがとうございます。
次回作は「トラベルエアミステリーシップ」の予定です。この時代の飛行機はキットに恵まれていないですよね。レジンやバQはハードルが高いですからね。
これからもよろしくお願いします。

02月26日 12:05このコメントを違反報告する

hyossii

hyossii
こんばんは、完成おめでとうございます。こういう寸胴な飛行機でもレースに勝ってしまうのだから驚きです。

02月28日 17:09このコメントを違反報告する

TOSHI

TOSHI
hyossiiさん
コメントありがとうございます(^_^)。
小さな機体に大きなエンジンを積んで無理やり引っ張ろうという作戦でしょうか。
安定性に難有りということですが、レプリカ機の飛行動画を見る限りは俊敏な機動を見せています。低翼単葉で張り線有りというのは当時としては一般的な構造ですね。80年以上前ということを考えると感慨深いものがあります。これからもよろしくお願いします。

02月28日 18:27このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。