ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

C59秋 フルスクラッチ製作

2017/11/06 14:24

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

C59秋 フルスクラッチ製作

  ブラボーとは

製作日誌で掲載を続けた、1/40「C59」を図面をもとにフルスクラッチで2ヶ月かけて製作を続けてきました。1号機製造は昭和16年(1641年)5月となっています。作った情景は昭和20年代の地方路線としてあります。東京の紅葉はこれからですが、時期的には間に合わせることとなりました。車両はプラ板・棒で製作は出来ましたが、手間取った乗員は1/35戦闘員流用の顔と腕をプラ棒に取り付け何とかできました。車両は筆塗りのぼろ隠しに「汚し」を加えてあります。苦労して点は車両製作が進行するにつれ補器類が増えて、車体を保持できる部分が少なくなり取り回しがしにくかっら事です。久しぶりに作りましたので疲れました。今回の製作でやる気が出てきましたので作るものを考えて続けようかなと思ってます。


ブラボー37 お気に入り登録4   ブラボーとは

コメント8件

34船渠

34船渠
初めまして
フルスクラッチですか、素晴らしいです。
「よう作っとるのー、こりゃーええでー」広島弁です。※若い人は使っていないかも
通訳しますと「上手に製作しているのー、これは良いでー」。

11月06日 19:14このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
34船梁様
コメント御寄せ頂きありがとうございます。今回、そこそこ頑張りました。
広島弁ですかー?在職中には出張で広島カキのうまさと路面電車でゴトゴト乗ったのが印象に残ってます。(空港はかなり遠かった覚が??)当方、定年を超えてしこしこ時間に任せて作ってますよ。これからも老眼に負けずつくるでー??ってあってますかね??

11月06日 19:43このコメントを違反報告する

modeller田村

modeller田村
今回は蒸気機関車をフルスクラッチですか何時にも増して凄いですね!!!ブラボー
プラ板・棒からこれを2ヶ月で造れるとは驚きです!!!
また楽しい作品見せて下さいね、期待してます。
これからも宜しくお願いします。

11月06日 20:06このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
modeller田村様
いつもコメントお寄せいただきありがとうございます。
久しぶりです。思いついたら作り始めしこしこやりましたよ。盤面が600mmで作ってしまい、前後の連結器ははみ出してしまいましたw・・
アクリルのケースを作っても連結器だけ切り抜き猫の出入り口みたいに作るしかなさそうざんす。B型ですのでこだわりはありの、あきらめも早いの良いのか悪いのか・・・また何か作ってみたいです。飾るところも限られており、次回は小さくしようかと思ってます。

11月06日 20:25このコメントを違反報告する

クリクリ

クリクリ
素晴らしいですね
BR52型ドイツ蒸気機関車模型
持ってるのですが、大きさにしり込みしてます

11月07日 00:50このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん
クリクリ様
コメント御寄せ頂きありがとうございます。お手持ちのBR52は確かにでかいですね動輪5個、炭水車もかなりの長さと思います。是非完成を目指して作ってはいかがでしょう?キットも高額だと思います。眠らせておくのはもったいないです。手作りで作ってみると、キットのすばらしさが改めて認識できます。やはり金型製作が肝ですかね。

11月07日 06:28このコメントを違反報告する

Dannyboy

Dannyboy
C59完成おめでとうございます。しかもフルスクラッチとは凄いです!(◎_◎;)
更にそれをわずか2ヶ月で完成させてしまうとは感服の至りです。
C59は、国鉄の主要路線で急行を引っ張った均整のとれた美しいパシフィックですよね。特に安芸のヘッドマークを付けて瀬戸内を走る姿が良かったです。
複雑なキャブ下、台車、連結器周りなど手抜き無しの工作力と集中力、私のD51と並べてみたいですが、スケールが違いますね^_^。次の作品が楽しみです。
これからもよろしくお願いします^_^。

11月09日 21:15このコメントを違反報告する

クマさん

クマさん

M_image

Dannyboy様
コメント御寄せ頂きありがとうございます。久しぶりに作りましたので、画像にしてみると荒が目立ちます。1/40サイズは作るには丁度いいサイズでしたが、ボイラーの円筒作り、木製ボードの反りかえり、制作中の補器類の破損等やり直しの連続でした。稼働中の炭水車の上部は見る機会がありませんでしたが、給水口の周りはおそらく錆があるだろうと考えて、錆の再現を加えてあります。雨ざらしの静体保存でもよじ登ると怒られるので実際には分かりませんので想定です。参考にした図面は(1号機)でしたので参考にする画像が後期型ばかりで一部には想定で作りこんでいます。
近くの図書館に蒸気機関車の平面図集(絶版・原書房?)がありますので、またSLの製作意欲が出たら、参考に借りてみたいと思います。

11月10日 08:51このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。