DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

Dannyboyさんの製作日誌

絞り込み


1 - 10 / 233

D51170人吉型 その97 秋といえば

D51170人吉型 その97 秋といえば
まだ完成じゃないのかよ〜という声が聞こえてきますが、もうちょっと。 また閃きました^_^。 今日もフライフィッシングのマテリアルのシルクフロスの赤を切って指先でクチュクチュします。 察しのいい方はもうお分かりですね^_^。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 17
  • 0
  • 4
  • 2016/12/02

D51170人吉型 その96 機関士

D51170人吉型 その96 機関士
先日の風邪で気管支をやられまして、安全弁のような声です。 という訳で、機関士の塗装です。 初めてポリパテで国鉄服を着せてみましたが、こんな感じでしょうか?^_^
カテゴリ
製作工程
  • 組立・接着
  • 塗装
  • カスタマイズ・改造
  • 16
  • 0
  • 0
  • 2016/12/01

D51170 人吉型 その95 煙

D51170 人吉型 その95 煙
肥薩線の山線区間である人吉〜吉松間、その最高地点が矢岳駅(536.9m)です。 上り列車も、下り列車もいくつものトンネル、ループ、スイッチバックを通過して、その峠駅を目指します。 特にそのサミットの矢岳〜真幸間にある矢岳第一トンネ...
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 25
  • 2
  • 8
  • 2016/11/30

D51170人吉型 その94 ススキ

D51170人吉型 その94 ススキ
ススキの穂の材料として、何を使うか? 先ずそれを考えるのに一週間掛かりました(^_^;) そしてたどり着いたのがこれ。 フライフィッシングのマテリアルである シルクフロスです。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 19
  • 0
  • 8
  • 2016/11/29

D51 170人吉型 その93 矢岳第一トンネル北側出口あたり

D51 170人吉型 その93 矢岳第一トンネル北側出口あたり
柄にもなく風邪でダウンして、こうじが遅延していたトンネル工事。 ここまで来ましたと言う結果から^_^。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 13
  • 0
  • 4
  • 2016/11/27

D51170人吉型 その92 矢岳第一トンネル北側出口あたり

D51170人吉型 その92 矢岳第一トンネル北側出口あたり
トンネルポータルをそれらしく塗装してみました。 ポータル上部は、D51の盛大に吐き出す煙で真っ黒になっているはずです。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 23
  • 2
  • 4
  • 2016/11/22

D51170人吉型 その91 肥薩線矢岳第一トンネル北側出口あたり

D51170人吉型 その91 肥薩線矢岳第一トンネル北側出口あたり
バラストを撒きます。 鉄道模型用は高いので、建築模型用を使います。 大きさは1.5mm程度の物を選びました。 そのままでは、色艶がおかしいので、アクリルカラーのデッキタンで着色します。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 21
  • 1
  • 2
  • 2016/11/21

D51170人吉型 その90 矢岳第一トンネル北側出口あたり

D51170人吉型 その90 矢岳第一トンネル北側出口あたり
矢岳第一トンネル北側出口を作ってます。 レンガと石積みの どっしりした構えです。 当時の逓信大臣の書による銘板が掲げられています。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 17
  • 0
  • 2
  • 2016/11/20

D51170人吉型 その89 矢岳第一トンネル北側出口あたり

D51170人吉型 その89 矢岳第一トンネル北側出口あたり
拾ってきたボードPOPのスチレンボードを利用します。 もったいない、もったいない^_^。
カテゴリ
製作工程
  • ジオラマ制作
  • 19
  • 0
  • 2
  • 2016/11/18

D51170人吉型 その88 キャブ上の細々

D51170人吉型 その88 キャブ上の細々
キャブ上のスライド天蓋を作り忘れてました。 0.2mmの真鍮板で作ります。
カテゴリ
製作工程
  • カスタマイズ・改造
  • 18
  • 0
  • 0
  • 2016/11/16

1 - 10 / 233