模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

M4A3E8 ROYAL CANADIAN ARMY

2018/04/16 10:29

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

M4A3E8 ROYAL CANADIAN ARMY

  ブラボーとは

タミヤ1/35 M4A3E8(朝鮮戦争)を朝鮮戦争に参戦したカナダ陸軍の所属車両として作成しました。元々、同キット作成前に別売デカールを物色していて見つけたネタです。

いつもどおり、各ハッチとエンジングリルの取っ手を真鍮線に置換。ハッチ裏にディテール追加。ライトガードはパッションモデルの金属製。フェンダーのボルト穴、給油口の水抜穴、機銃口の開口など。

ネットでカナダ軍シャーマンを検索し特徴を調べます。主に車体の前面、側面に予備の履帯や転輪を取り付けているのが特徴的ですが、タミヤのキットには余分な履帯や転輪はありません。

そこで、埃を被っていたドラゴン初期の(組みずらい)M4A3E8に活躍してもらいます。タミヤ製品が出た今となっては、もう、作ることもありませんから。

ドラゴンのM4A3E8は履帯はプラ製で1枚ずつ連結させるタイプなので目論見にはピッタリ。実車写真を参考に何枚ずつか組み合わせで、取付地具を含め予備履帯を組んでいきます。転輪は当然、取り付けた状態が再現されいるので、予備転輪らしく、ボルトを削り取付穴を開口しておきます。

塗装は、黒サフからタミヤアクリルのダークグリーン2とハイライトにNATOグリーン、足回りはアース系を何色か吹き付け。
マーキングはスターデカールのカナディアンシャーマンより。

フィギュアはタミヤのセントーとブレンガンキャリアから(一部小改造)。製品は英軍ですが、英連邦であれば、ほぼ同じ軍装なので、今回はカナダ兵になってもらいます。カルビン・タン師匠の技法を参考にしてますが、顔はセラムコートでペイントし、最後に墨入れで表情を出しています。

完成した姿は、まさにシャーマンなのに、見慣れたシャーマンとも違う、独特のものになりました。


ブラボー43 お気に入り登録4   ブラボーとは

コメント2件

Energetic

Energetic
こんばんは。
Energeticでございます。

こちらの立体は、そのスケール感や
精密さの連続が特徴的な御作品にございます。

今後とも応援させて頂きます。

04月16日 19:02このコメントを違反報告する

Kuryakyn

Kuryakyn
いつもコメントありがとうございます。

手軽に作れて人とは異なるもの、を求めて精進しております。

今後ともよろしくお願いいたします

04月17日 10:14このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。