模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Alpine U-Boat Captain (3回目 ラスト)

2015/01/25 12:42

M_image

  ブラボーとは

Alpine社 U-Boat Captainの製作日誌、ラストです。フィギュア本体は出来上がっているので、ヴィネット風飾り台の製作日誌です。潜水艦艦内”風” という事で前回までで工作は完了。塗装と小物について書いていきます。
下塗りは、黒立上げの時はいつも使う、グラファイトベースメディウムです。黒鉛風のややメタリックがかった黒で、各社から似たような塗料が出てますが、私はロックペイントの、自動車補修用のを使ってます。

M_image

  ブラボーとは

黒立上げの後、基本塗装はグレー系の塗料で、手元にあったMr.カラーのグレーFS16440で、影の部分を残しつつ全体を塗装。その後ダークシーグレーや明灰白色、ダークイエロー等を薄く溶いて、ランダムに吹き付けます。全体が地味なので、バルブのハンドルは少し華やかに。床は多分、滑り止め付の縞鋼板だったろうと思うのですが、何となくゴム引きの方が ”らしい” かな、と思い、薄いゴムシート貼り付けにしてみました。

M_image

  ブラボーとは

混み入った処にスミ入れし、黒とこげ茶のパステルをなすりつけて、薄汚れた雰囲気にします。くまなく汚さず、汚れてる所と全く汚れてない所、汚れの粗密をはっきりさせた方がいいかなと思います。少し見難いですが、各所にそれらしいコーションデカールを貼ってます。床のゴムにも汚しを。ドロ汚れという訳でもないでしょうから、水垢っぽい汚しを。しゃぶしゃぶに薄めたグレー系で汚し、所々に茶色を入れてます。そしてゴム引き床の角を白の油彩でドライブラシ。

M_image

  ブラボーとは

本格的に汚していきます。エナメルのガンメタで、ハゲチョロを書き込んでいきます。ハゲチョロの周辺に、黒やこげ茶のパステルをまぶしたり、場所によってはクロームシルバーを僅かにいれたり。同じくハゲチョロの周辺に、茶色でサビ表現を。潜水艦内部に、ハゲチョロや錆があるのか?とも思いますが、まぁ航海終盤に来たという事で! バルブハンドル周辺に、スモークやクリヤーで何かの”漏れ”表現を。今回、錆の部分中心に、最近模型誌でよく見かける Mr.ウエザリングカラーを使ってみました。錆表現にはどうかと思いますが、汚し用塗料としては、使い勝手がいいですね。

M_image

  ブラボーとは

何か小物を、と思いガスボンベを作ってみました。潜水艦艦内には、圧縮空気が必要不可欠なのか、写真にはボンベが沢山写ってました。ボンベも流用できるパーツは、いくらでもあるだろうと思ってましたが、中々無いものですね。今回はプラパイプの両端に、厚めのプラ板を貼って、角のRを削りだしました。頭の部分は、ガンダムアフターパーツのノズル等の組み合わせです。真っ赤なボンベは何か危険物みたいですね。

M_image

  ブラボーとは

たっぷりとハゲチョロを入れました。ボンベはツヤ有にしたのですが、なんとなくハゲチョロや汚しとマッチしてないかな・・・

M_image

  ブラボーとは

艦長登場です。「ようやく私の艦が出来たか。ん?なんか汚ねえなぁ・・」

後で完成写真をアップします。お付き合い有難うございました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント2件

ボギー

ボギー
お久しぶりです。ますます技術力アップしてますね。素晴しいです。

02月05日 14:44このコメントを違反報告する

SHIN3310

SHIN3310
ボギーさん、お久しぶりです!こういうゴチャゴチャ作ってる時が、一番楽しいかもしれません。これからも宜しくお願いします。

02月05日 15:02このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。