模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ハーレーダビッドソン+サイドカー 1/6 タミヤ

2018/01/08 17:32

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ハーレーダビッドソン+サイドカー 1/6 タミヤ

  ブラボーとは

ハーレーダビッドソン+サイドカー がようやく完成しました
(HARLEYDAVIDSON FLH CLASSIC with SIDECAR)  1/6  タミヤ
製作過程は http://hwsa3.gyao.ne.jp/tokui/1G67.htm
とにかくパーツが多くて、最初は眩暈がしそうでしたが…
組立が進むにつれてパーツかどんどん減っていくのが楽しかったです
両手を使っても組み立てが大変な箇所が多くて難儀しました
キットのデカールは古くて使えなかったので、カスタマーサービスで
現行品の(サイドカーではないけど)デカールを取り寄せて仕上げました
キットのパーツがマルーンで整形してあり、染み出しが怖かったので…
赤いパーツは塗装すると、あとでプラモの成型色が塗装面に染み出してくるので要注意です
メタリックレッドで仕上げました
バイク本体とサイドカーを繋ぐ部分が華奢で壊れそうなので、
展示台に固定しました 普段はサイドカーの下にビンを置いてたわみを防止します
完成したと思って安心していたら、突然Zライトが倒れてきてサイドカーを直撃(^^;;;
これまでの苦労が水の泡になったとビックリしたら…
運良く、後部バックの一部の塗装が剥がれたのとナンバープレートのパーツが
外れたぐらいで破損個所がほとんどなくて良かったです(^^;;;
*****************************
キングオブザバイクと呼ばれ、世界のオートバイファンの憧れとなったのが
ハーレーダビッドソン社の最高級モデル「FLHクラシック」です。 デビューは1979年。
それまでトップモデルとなっていたFLH1200エレクトラグライドを基本に、
各部をグレードアップして、カラーリングをはじめ各部の仕上げは
クラシカルなエレガントさを強調したものとなっています。
エンジンは、プッシュロッドとヘッドカバーの形状から「ショベルヘッド」と呼ばれ、
当時のオートバイ用としては世界最大級の排気量を誇る1340ccの空冷V型2気筒。
全長は2.4m以上、重量は340kg以上にも達し、 その堂々とした風格は
まさにキングの名にふさわしいものでした。


ブラボー37 お気に入り登録1   ブラボーとは

コメント3件

がんばるとくちゃん

がんばるとくちゃん

M_image

輸送用ケースには、なんとかギリギリ収まりました
これで静岡などの長距離移動時でも安心です(*^-^*)

01月09日 10:20このコメントを違反報告する

がんばるとくちゃん

がんばるとくちゃん

M_image

手前の大きい展示ケースに入れようと思っていたのに、
車体を展示台に固定したらケースに入らなくなったので
普段はガラスケースに入れて保管しようと思います

01月09日 10:22このコメントを違反報告する

クドにゃん

クドにゃん
こんにちは。
新規の者です。
写真にあるプラモデルを最近、某フリマアプリで買いましたが、デカールが破損しており、カスタマに問い合わせても廃盤で終了品ってことで買えませんでした。
デザインソフトがあったので、スキャンして破損したところを修正しているのでが、字が見にくくて小さい部分が修正できません。
デカール自体もこすれたり破れたりしており、持っているものでは難しく協力をお願いしたいと思うコメントしました。
図々しいと思いますが、デカールの小さい部分の写真をもらえないでしょうか?

03月22日 13:44このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。