DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

ドイツ軍の働く車 その7

2017/02/17 23:26

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ドイツ軍の働く車 その7

  ブラボーとは

ズベズダの1/35 メルセデス・ベンツL4500Sです。

ズベズダは、飛行機や戦車、ヒストリカルフィギュアまで、幅広いラインナップを持つロシアのプラモデルメーカーです。

素朴(粗末?)な外箱に中身も寂しい……と思いきや、このキットは非常に良い出来です。インストとデカールこそ残念ですが、肝心のキットはプラスチックの質が良く、組み立て易さも考えられていています。

エンジンや複雑な足回りが再現されています。今回は使用しませんでしたが、ドライバーと上半身裸で、モンキーレンチを持った整備兵のフィギュアもついています。

メルセデス・ベンツL4500はドイツ軍の大型トラックの主力である4.5tクラスで、1941~45年の間に4WDのタイプAと、2WDのタイプSを合わせて、約9,000両が作られました。

4トン半で大型なの?と思う方もいらっしゃると思います。もちろん10tクラスの大型車もありましたが、道路事情の良かった西ヨーロッパならまだしも、悪路の続く北アフリカやロシアに戦線が拡大してくると大きすぎる車は、扱いずらかったと思われます。

運転回りに装甲を施し、荷台に対空機関砲を搭載した自走砲タイプや、後輪を履帯に変換したハーフトラックタイプ、空軍の飛行場用の消防車タイプ等のバリエーションがありました。ハーフトラックタイプはキット化されています。

大戦後半のノルマンディー戦線の武装親衛隊の所属車両(ss12戦車師団・ヒットラー ユーゲント)をイメージして、三色迷彩としました。

カーゴにはドラム缶やジェリー缶を載せました。油絵の具で派手に錆びさせています。またタミヤの装甲車に付いてくるリュックサックと、イタレリのツェンダップオートバイを載せました。オートバイはエッチングパーツなど使って何気にディティールアップしています。


ブラボー44 お気に入り登録4   ブラボーとは


この作品と関連した商品はこちら


コメント5件

Delta-3

Delta-3
これはまた、雰囲気がいいですね!(^。^)
本体のトラックもそうですが、バイクのほうも。すご。
しかも、今度はこのロープの結び方…やっぱりこれですよねぇ。わたしは何回か覚えちゃ忘れ、覚えちゃ忘れ、で、これできる人、尊敬します。(^。^)

02月18日 14:23このコメントを違反報告する

長江崑崙

長江崑崙
こんにちは
3色迷彩と貨物の「使われた感」がいいですね。
私もロープワークを一度覚えた口なのですがクラブヒッチしかわかりませんでしたorz
1/35でのロープワークさすがです!

02月18日 15:53このコメントを違反報告する

バルタザール

バルタザール
やっぱりわかる人はわかるんですね(⌒‐⌒)
片っ方はクラブヒッチ、もう片方は南京結びです。
トラッカーズ・ヒッチの基本みたいです。

02月18日 17:23このコメントを違反報告する

Energetic

Energetic
 こんにちは。Energeticです。
 この度は、たくさんの御評価と
 嬉しい御言葉を頂き、誠に
 有難うございます。
 こちらの立体は、その実物のような
 存在感と静かな迫力をまた感じます。
 今後とも応援させて頂きます。

02月21日 11:48このコメントを違反報告する

バルタザール

バルタザール
Energeticさん こちらこそ御評価有難うございます。私が作るのは現在と過去に在ったもの、映像と言う平面に在ったものの再現に過ぎません。
御作品の数々はモチーフを御自身の中で咀嚼、変成して意味付けをなされて産み出される様にもお見受けします。
この世ならぬ世界観というか、重量に捕らわれぬ浮遊感で見る者を虜にします。大勢の支持者の数がそれを物語っているのでしょう。

02月21日 12:41このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。