DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

自己紹介

物心付いた5歳ごろから戦闘機、戦艦、戦車、に興味を持ち、木を削ってソリッドモデルをつくる、その後小学生ではプラモデルに目覚め、模型屋さんのオヤジに頼まれお客さんのプラモデルをアルバイトでつくる。
その後小学生6年にはスロットレーシングのフォーミュラ部門で全日本選手権にまで参加するほどになる(マシンはすべてオリジナル)。
プラモデルの場合にはそのまま作ることはなくいつもどこか改造していた。
とにかく小さいころから何か作ることが好きで今ではドイツ製自動車のショックアブソーバーを作る会社を経営。


Konchanさんの新着情報

新着情報はありません。