模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

HMSビクトリーを作るNo.103ラットライン張り

2018/03/23 20:05

M_image

  ブラボーとは

HMSビクトリーNo.103号のラットライン張りが終わりました。
1マスト片面だけで約1日、3本両面で延べ6日掛かりました。

ラットライン張りの一部を動画でUpします。

M_image

  ブラボーとは

糸の使用で固定して動かない糸は黒色で、動かす糸はアイボリー等の明るい色の糸を使う様なので、ラットラインは固定されるので黒糸を使うことにして、100均の物が丁度良いので使用しています。

M_image

  ブラボーとは

横から見たラットラインです、あまり直線的だと奇麗なのですが機械的過ぎるのでこの程度のゆがみは良しとします。
更に直線的にする技量はありませんこれが限界ですが( ^ω^)・・・

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー24 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント10件

トロ

トロ
一段落したところですね。 ラットラインの間隔が揃っていて綺麗だと思ってましたが、やはり型紙を置いてるんですね。 糸は毛羽が心配ですが蝋引きとか特に処理なしですか。 

03月23日 21:59このコメントを違反報告する

MISORA

MISORA
トロ さん、いつもメッセージありがとうございます。
毛羽立ちについては、製作時特に毛羽立ちが無ければ、糸自身動かすことも無いので特に蝋引き等行う予定は有りませんが、帆の風のふくらまし等の処理の際に気になる部分も一緒に処理の予定です。

03月23日 22:36このコメントを違反報告する

ともとも

ともとも

M_image

MISORA さん
初めまして、ともともです。
ラットラインは『クラブヒッチ』という結び方ですね、私は昔⛵乗りだったので海の上でもよく使いました。アドバイスとして、動索(ランニングリギン)の端は抜け止めとして『エイトノット』しておくと説得力が増す?かもしれません。

03月24日 20:17このコメントを違反報告する

MISORA

MISORA
ともともさん、初めましてメッセージありがとうございます。
船乗りさんなら、ロープの色々な結び方が出来るんですね、うらやましいです。
製作しているHMSビクトリーのラットラインのこの結びは全部で2800ヶ所位有るんでです老眼にムチ打ちながらの作業はこれが限界でしょうね。ただ時間が有るので時間を掛ければ出来るんだな~と思って頂ければ幸せです。

03月24日 23:32このコメントを違反報告する

ともとも

ともとも
MISORA さん
度々すみません、説明が不十分だったのでちょい長いですが補足します。
動索は前回の画像で右側が作用側として、ブロック(滑車)を介してセイル、ヤード、ブーム等の端に結び付けられる側です。
左側が操作側、つまりクルーがシート(帆綱)をトリムする側で、平時はビレイピンかクリートに固定されています。
トリムの際に手を滑らせてシートを離ししまった時に端をエイトノットしておかないとブロックからも抜け出して、セール等が宙に浮いてしまい大変危険な状態になってしまいます。(これが原因で船体や乗員が深刻なダメージを負うことが多々あります。)
そのリスクを避けるための重要な結びの一つがエイトノット(フィギュアエイトノットまたは八の字結び)です。

03月25日 00:14このコメントを違反報告する

南東北星

南東北星
縦糸と横糸を、一か所ごとに結び付けていくんですね。
細かい作業に加え、力加減で間隔がくるってしまいかねないので、大変緊張する作業ですね。
お疲れさまでした。
これは、目をいたわってやらないと、この後が続きませんね。
フミナッガイともども頑張ってください。

03月25日 07:45このコメントを違反報告する

MISORA

MISORA
ともともさん、エイトノットの解説ありがとうございました。
YouTubeなどでもいっぱい結び方などupされていますね、参考にさせて頂きます。

03月25日 09:19このコメントを違反報告する

MISORA

MISORA
南東北星 さん、いつもメッセージありがとうございます。
このラットラインは左舷側等の片側だけで約1400ヶ所、両側で約2800ヶ所もあり、ここがこの模型の最大の手間で帆船模型の醍醐味でもある部分で、乗り越えられてほっとしています。桜も咲き最高の天気なので外に出て良い空気でも吸ってリフレッシュしようと思います。引き続きよろしく応援お願いします。

03月25日 09:26このコメントを違反報告する

daldad

daldad
お疲れ様でした。
私のほうは現在進行形なので大変さが身にしみてわかります。
それにしても横のラインがきれいにそろっていてきれいですね。脱帽です。
私はなかなかうまくいかずストレスがたまる一方です(半分諦めていますけど)(笑)
その上白井氏の「帆船模型製作技法」でラットラインは見えないくらいの細い糸で
などと記されているので、ミシン糸を使用したため尚更眼に負担がかかって大変な状態です。自業自得でいまさらどうしようもありませんが・・(泣)
ともあれ何とか頑張ってこの部分を乗り越えます。

03月26日 09:56このコメントを違反報告する

MISORA

MISORA
daldadさん、いつもメッセージありがとうございます。
大変ですよねラットラインは、ユックリ自分のペースで進めてください、休み休み進めれば終わりますね。歳を取って来ると無理をすると後が大変です、回復するにも時間は掛かるし。先日天気が良いので車を洗車しワックスを掛け、庭の草むしりをしたら腰は痛いし指先も痛くてラットライン終わらせててよかったです、体力が落ちたな~と実感しています。無理のないよう出航に向けお互い頑張りましょう。

03月26日 21:35このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。