模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アルプスMDプリンタの使いこなし 240Zさんへの答

2014/04/17 20:11

同じ問題で悩んでいる人がいそうなので、新しく製作記事を書きます。


カラープリントなどではあまり問題にならないのですが、単色プリントを繰り返しているとプリンタが動かなくなることが有ります。

こうなるとお手上げで、色んな事をしますがデカール用紙は途中プリントのままになります。

今回はプリントが出来なくなる前の監視手段です。



まずは詳細設定です。

M_image

  ブラボーとは

この画面でデカール用紙のプロファイルを作成しておきます。

とりあえずプリントをするときは、必ずこのプロファイルを選ぶ様にすると間違い有りません。

用紙サイズは仕様デカールに合わせておき、ユーザー設定しておきます。

印刷はグレースケールで、特色でカラーを選びます。

M_image

  ブラボーとは

この画面でレイヤーに合わせたカラーを選んでプリントしますが、その前にタスクマネージャーを開いておきます。

M_image

  ブラボーとは

仕様CPUはC2Dで、二つのプロセスが開いています。

この画面でプリントスタートします。

M_image

  ブラボーとは

プリント中はこの画面が出ていますが、印刷が終ると消えます。

その時にタスクマネージャーを注目します。

M_image

  ブラボーとは

こんな風にCPU負荷が0%近くになっていれば良いのですが、下の画面の用にCPU負荷が高い場合はプロセスのタブを見ます。

M_image

  ブラボーとは

ここからプロセスタブの画面を見ますと?

M_image

  ブラボーとは

上から2番目と3番目にAL1CMC.EXEのSISTEMとUSERの二つのプロセスが働いています。

もう1つ、下から3番目のAL1CSM.EXEもアクティブになっています。

上から2番目のAL1CMC.EXEのSISTEM以外のAL1プロセスを終了させましょう。

プロセスが復活する場合も有りますが、再度終了させておきます。

このプロセスを終了させるとCPU負荷が0%近くに下がります。

M_image

  ブラボーとは

この状態から重ね刷りをすればプリント出来なくなることは有りません。


AL1CMC.EXEのSISTEMがドライバーの様で、USERがデータの様です。

これらが消えないまま残ってしまうのが、プリント出来なくなる原因と思われます。

以前使っていたPCはCPUがセレロンのシングルコアだったので、解除方法はもっと複雑でした。

CPU負荷も100%になったままでしたので、もっと解決が難しくなっていました。

でも今回の方法で、今の所プリント不具合は出ていませんので、悩んでいる方はぜひお試しを。


240Zさん、いかがでしたかね?


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー4 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

240Z

240Z
すごく丁寧に回答頂き、ありがとうございます。
プロファイルを自分で作っておく事とAL1CMCのユーザーを消す事ですね。
全部コピーして、見ながら操作してみます。
CPUはその解除方法が複雑になると書かれているやつですけど・・・。
とにかく、試して見ます。ありがとうございました。

04月18日 01:18このコメントを違反報告する

ラグにゃん

ラグにゃん
240Zさん

お役に立てればいいのですが?
セレロンだとCPU負荷が100%になると思います。
もしプリント後に右下のプリンタ状態の画面が消えない時はややこしい方法を取りますので、連絡してくださいませ。

04月18日 07:40このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。