DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

自己紹介

手の遅い、サラリーマンモデラー。
小学校低学年に、スーパーカーや戦車で模型の世界に。
シンナーで目を傷めて一時製作を休止するも、ガンプラで復活。
今に至る。
”その部品は何なのか。何故そこにあるのか。” 理解しないと手が動かない小心者で、バイク模型などは模型制作よりも資料集めに時間を使う。
家族の暖かい理解ものと、今日もボチボチ模型製作。
実車では96年式900SSと、94年式GOOSE350を維持する貧乏休日ライダー。


saruruさんの新着情報

新着情報はありません。