模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/48オータキ「雷電改」キャノピー改 No5

2018/09/16 07:35

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

1/48オータキ「雷電改」キャノピー改 No5

  ブラボーとは

キャノピーを自作して往年のキットを蘇られるとして進めた…その5作目です。
今回は、P51、P47のキャノピーの進化に倣い、雷電もバブルタイプに換装したという設定です。それに伴い背びれも装着しました。武装は時の流れに沿ってロケット弾を装備しました。
一方、離陸時の視界の悪さを解消するために尾輪を高くしました。
キャノピーは幅広のものでしたが、バブル化により小型化され防御も有利になりました。
重武装で主脚も短く縮み、尾輪が高いのでまるで雷電の土俵入りの姿になりました(笑)

さて、オータキキットは緻密な凹リベットが全体を覆っているのが、最近のキットと大きく異なります。これを強調するために墨入れをしました。写真ではうるさい感じがしますが、肉眼ではそうでもありません(笑)
有名な稲妻ですが、”新鋭機”も受け継いでいます。KD-37は鹿屋配属時に使われたらしいです。その上の花のマークは個人章です。


ブラボー62 お気に入り登録8   ブラボーとは

コメント14件

雅信

雅信
melehiloさん。
完成おめでとうございます!
実に美しい仕上がりですねー!
拘りの逸品、素晴らしいです。

09月16日 07:45このコメントを違反報告する

ルーフctr

ルーフctr
リアルで美しい出来ですね。でもレザーバックからバブルキャノピーに変えたら最高速が低下するのでは?(P47Dは8kmほど低下してます)それに尾輪を上げてしまうと着陸時に主翼の揚力が低下し、使いにくくなるのでは。ちなみに雷電は着陸速度が150kmもあり、事故が多発し「殺人機」と恐れられていたそうです。まあ架空機ですから野暮なツッコミでしたね、スミマセン。

09月16日 08:49このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
雅信さん、コメントありがとうございます。
あれこれ妄想しながら作っていくのは楽しかったです。
凹リベットもいいアクセントになっています。
あまりモデラーに取り上げられないキットの紹介をしていきたいと思います。
製作の参考にはなりませんが(笑)

09月16日 11:09このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
ルーフctr さん、性能についての具体的なお話ありがとうございます。
あまり深くは考えていませんでした(汗)
妄想をさらに広げますと、
 速度低下については「雷電改」の用途は、最早空戦性能ではなく対大型爆撃機に向いていますので、火力重装備に転換しています。更に速度は落ちたと思います。
ただ、零戦や隼の軽戦でしたら、爆装するという発想は生まれませんね。
 着陸速度、主脚の強度など問題はありました。まずは視界確保による安全性を考えました。速度向上を目指せば、彩雲、鐘馗、雷電のように主翼面積は小さくなりますし着陸速度も速くなります。そこで、「彩雲」などに倣って、前縁フラット、フルダウンのフラップ(又は蝶型)の対応策を取ったらいいかな?と思います。
これらの点は模型の形として表面には出難いですが。
 3点着陸で育ったパイロットには面食らうかもしれません。それと震電にあったようにプロペラを擦る恐れもあります(笑)

09月16日 11:41このコメントを違反報告する

柏木 光雄

柏木 光雄
完成楽しみにしていました。
雷電のでかいエンジンパーワーで対地攻撃用のロケットランチャーの装備が凄いです。硫黄島攻防戦で、敵艦船や上陸部隊の撃滅を予想しました。
後方視界が改善されたようで、かっこが良いですね。僕も考えていたので見られて良かったです。
妄想機の世界が面白いです。

09月16日 11:41このコメントを違反報告する

トロ

トロ
完成おめでとうございます。 改造、退色感、リベット・・・どれをとっても素晴らしいです。

09月16日 11:58このコメントを違反報告する

クリクリ

クリクリ
重武装がぴったりの雷電ですね。5枚羽とか二重反転ペラなどもたのしいですね

09月16日 11:58このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
柏木 光雄 さん、コメントありがとうございます。
雷光輝くF105みたいに「雷電」も極化して行ったと妄想しました(笑)
前方と後方視界の向上は重要だと思いますが、これも後付けの理由です。
ただ、構想を実際に運用すると様々な支障が出るのは世の習いですが、技術が進歩するのは間違いないと思います。
「雷神」急降下爆撃機と並べてみたいですね。

09月16日 11:58このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
トロ さん コメントありがとうございます。
今回は楽しく制作する事が出来ました。おかげで完成が”異常”に早かったです。
ただし熟成時間は除きますがね。

09月16日 12:06このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
クリクリ さん コメントありがとうございます。
私も、エンジンカウリングの長さから、強風を連想して「二重反転ペラ」に行き着きました。実は背びれが付いているのもトルク対策ですが、それも解消しますね(笑)
勿論妄想ですから技術的問題はクリアーしたという事にしますがね。

09月16日 12:10このコメントを違反報告する

haruka1755

haruka1755
良い作品ですと、何度も見てしまいますね。

はじめは違和感がありましたが、癖になる仕上がりですね。

実際に運用されていたのような気にさせる仕上がりにブラボーです!!

リベットへのスミ入れが効果的に決まっていて、最高に良い感じです。

ロケットランチャーの使用感の演出もすばらしいと思いました。

コメント遅くなりましたが、ブラボーです

09月18日 09:10このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo

M_image

haruka 1755 さん、コメントありがとうございます。
 墨入れは、最初は部分的にしていたのですが、整合性など考えていると やがて深み嵌まってしまいました(汗)
銀色地肌はまだ出ていませんが、ほこりっぽい雰囲気になってしまいました。制作が落着きましたらエナメル溶剤で拭取り、最終調整をしたいと思っています。
 ロケットランチャーですが、現代の肩に担ぐようなものではなく、写真のような噴進砲のイメージで塗装しました。ロタ弾の発射時は箱絵のように紅焔が凄く取扱いも命がけだったようです。そこでこのランチャーは真っ黒焦げになっただろうと妄想しました。命中率は極めて低くのですが、打上花火のように飛散した油脂で威嚇した…という火器のイメージです。

09月18日 10:52このコメントを違反報告する

ryo_skd

ryo_skd
完成おめでとうございます。
オータキ雷電を使った素晴らしいアレンジ眼福です。
まずウェザリングとスミ入れでの密度感が目を引きましたが、やはりなんといっても涙滴型への改造がとても上手い具合にフィッティングされてると思いました。
たしかに強風陸上版っぽい感じしますね。それって紫電なのかとも思いますが、やはり雷電ベースというところでマッシブ感あります。
主脚や尾輪の調整でもバランスがうまくまとまってる感じがしました。
マッシブな機体にロケット弾は似合いますね。
実在した派生型と言われても納得してしまいそうです。

09月25日 09:44このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
ryo_skd さん、コメントありがとうございます。
重武装で太い胴体はP47にも似ている角度がありますね。
改造を重ねていくうちにだんだん「雷電」らしさ、個性が無くなっていくようで、最初の構想とちょっと”違うよね”という所はあります(笑)
架空機は、少しは理に適う面もと考察するのも楽しいです。

09月27日 16:42このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。