DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン

自己紹介

私は85歳のとき、脳梗塞を患って入院、右半身不随で約2ヶ月間闘病生活を送り、退院後は自宅でリハビリに専念、諦めていた手足の痺れが徐々に治まり、杖をついてふらつきながらもどうにか歩行が可能になり、固くなって動きが鈍くなった手指も、次第に回復に向かってきました。
そんな折り、子供が買ってきたペーパークラフトを作りはじめたところ、時間を忘れるほど熱中出来たし、説明書と首っぴきで、鋏や接着糊を使っての工作は、手指のリハビリやボケ防止にもなり、あと半年で90歳にもなる現在もクラフト作りに励んでいます。
これは年金生活者の私にとって、唯一の楽しみでもあり、これまで出来上がった作品を孫たちに渡すのが生甲斐でもあります。
作品の出来、不出来というより、90歳で手指の痺れを体験した病み上がりの老人でも、頑張ればこの程度の物づくりが出来るということを理解してほしいと思います。


Takeshi.Iさんの新着情報

新着情報はありません。