模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

受賞作品空母瑞鶴 戦闘機隊 零戦21型 岩本徹三一飛曹機

2015/08/17 00:05

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

空母瑞鶴 戦闘機隊 零戦21型 岩本徹三一飛曹機

  ブラボーとは

「デアゴスティーニ」刊行 「週刊 零戦をつくる」の1/16 零戦21型です。ようやく完成しました。

 空母瑞鶴 戦闘機隊 零戦21型 岩本徹三一飛曹機 珊瑚海海戦時のイメージです。
コクピット内部の自作デカールや塗装はモデルアート誌臨時増刊「PROFILE12 零戦PART1」「PROFILE13 零戦PART2」を参照してます。

1.エンジン導風板を真鍮板で新造。カウリングが干渉する上部2枚はキットの物、その他は新造した物です。
2.計器板表面がダイキャスト部品で荒れているので、一度モールド全て削り平にした後、計器部のリベット等を埋め込み。
3.コクピット内のフットベダルの回転可動、操縦座の上下可動、操縦桿の前後左右可動させました。
4.外板、カウリング共、ミルタガネでリベット打ち直し。
5.補助翼可動用に実機の図面を参照し操作連動桿を製作。操縦桿の左右と補助翼を連動させました。
6.キットには再現されていないスロットルと機銃引き金を新造。
7.コクピット内、横、縦のハット型桁を見える範囲で新造。
8.油圧系の配管をできる範囲で再現。
9.脚収納口内部を資料を参照にディテールアップ。
10.計器裏の配線やディテールを追加
11.コクピット内やレバー等注意書き等をオリジナルデカールで再現。
12.補助翼、尾翼はシルクのドープ貼り。タルクで目止め。
13.外板はキットの20㎜機銃カバー着脱に加え、7.7mm機銃と翼の2ケ所をブリキ板にて新造、マグネットで着脱可能。
14.カウリングのおちょぼ口の形状修正。
15.塗装は基本色、基本色+グレー小、基本色+グレー多、機体上部、機体側面、機体下面にそれぞれ塗布。
16.エナメル塗料の混色のウォッシングで仕上げ。

第3回 模型王ジャパングランプリ ─ 賞金総額50万円 デアゴスティーニ賞

審査員(ホビコム事務局) からのコメント

講評
あの零戦をここまでのレベルに仕上げてくるとは、ただただお見事の一言です。組み上げて外板を貼るだけでも苦労する難物を、ディテールアップ、塗装表現を加えて、ミュージアムモデル級の完成度にまで高めている素晴らしい作品です。

ブラボー38 お気に入り登録0   ブラボーとは

コメント7件

DXまん

DXまん
こんばんは。大作ですね!プラモデルキットよりもスマートに感じるのは気のせいでしょうか?いずれにせよ、質感やデティールが超絶ですね!^ ^

08月17日 00:58このコメントを違反報告する

らくろー

らくろー
DXまんさん
コメント有難うございます。
 完成品がスマートに見えるのは、少し引きぎみで撮影してからトリミングで一杯の大きさにしているからではないかと思います。
 製作中はむしろ逆で、尾翼部分、発動機部分、翼コクピット部分と、部分部分を間近でしか見えてなかった事も手伝い、寸胴で不恰好にしか見えませんでした。
 本当にこれが記録写真で見るあのスマートで美しいプロポーションになるのだろうか?と思ってましたが、DXまんさんの感想をみて、うれしく思います。

08月17日 21:52このコメントを違反報告する

エメマン

エメマン
おめでとうございます。
わたしも「零戦を作る」100巻全部持ってるのですが
なれないアルミパーツとパーツ数の多さで
なかなか手が出ません。
いつか作るときに参考にさせていただきます。

09月25日 19:15このコメントを違反報告する

Kariyasu☆

Kariyasu☆
受賞おめでとうございます!圧倒的な作り込みに感心してしまいました!僕は時間をかけてコツコツ作るのが苦手なので凄いと思います^^

09月25日 21:21このコメントを違反報告する

らくろー

らくろー
エメマンさん
コメントありがとうございます。
私は並行製作が出来なくて、数年間これに縛られていた気がします。
なかなか完成品の少なさそうなこのキットですが、エメマンさんの1/16零戦を見てみたいです。

09月25日 23:50このコメントを違反報告する

らくろー

らくろー
Kariyasu☆ さん
コメントありがとうございます。
私もこの零戦以前の製作期間に関しては、最長でも3ヶ月以内に完成させていたと思います。
Kariyasu☆ さんも”WildRiver荒川直人賞”受賞おめでとうございます。
艦船は張り線や考証がハードル高く、なかなか手が出ないのですが、いつかチャレンジする際は参考にさせてください。

09月26日 00:04このコメントを違反報告する

トロ

トロ
受賞!!おめでとうございます。 やはりって感じのさすがの作品ですからね。 これからの投稿も楽しみにしています。

09月26日 15:58このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。