模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤラッカー塗料簡単レポート

2017/12/06 16:49

M_image

昨日仕事帰りにヨドバシに寄ってタミヤの瓶入りラッカー塗料をいくつか買ってきた(写真)

M_image

溶剤に関しては以前からあるラッカー溶剤と匂い等は変わらない感じでした。
写真左:従来のラッカー溶剤 写真右:新しく出たラッカー溶剤

M_image

艶有りの黒、白、銀の内エナメル・水性アクリルとすべて家にあったのは銀のみでした(^_^;)。エナメルの黒と白はつや消しのみだったので後日仕入れてテストしてみます。
また、タミヤの互換表によるとLP-11はX-11と同じようです。

テストに使用するのは0.3mmのプラペーパーの切れ端(塗料瓶の後ろに写っているやつ)

M_image

とりあえず筆塗りでテスト。
上段は一筆書き、下段は重ね塗り。種類は左からエナメル、水性アクリル、ラッカー塗料の順番。
塗った感じはエナメルに似た質感で粒子感は殆どありません。水性アクリルはザラつき感が出ます。

M_image

銀なので反射も確認。
3種類とも反射に関しての感じは同じようでした(写真が下手でスマン)

M_image

透過(透け具合)も見てみました。
エナメルは流石に一筆でもスケがなくベタ塗りには欠かせない塗料だということがわかります。水性アクリルとラッカー塗料は同じような感じで重ね塗りでも乾かしながらでないと下地が出てしまい透けてしまいます。ただ塗料の性質に依るものですが水性アクリルはザラつき感がここでも出ています。
エアブラシによるテストはしてませんので時間があればエアブラシのテストもしてみたいと思います。

以上簡単なテストレポートでした。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー24 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント3件

しんや

しんや
レポご苦労様です。参考になります。
日本では水性塗料に移行する傾向があるようですが、逆に海外はラッカー系にシフトしているそうですね。それに対応したタミヤの戦略なんでしょう。 まあ、ウェザリングでガシガシするには水性より油性の塗膜の強度がものを言いますからね。
差の出やすいメタリックシルバーでの比較で特徴がわかりやすかったです。ただ、塗料番号がまたややこしくなりそうで、とくに航空特色とかどうするんだろうと… 
今後の色の展開に期待ですね。

12月06日 18:46このコメントを違反報告する

rxm1394b

rxm1394b
romeo さん こんにちは
はっきり言ってしまえば他社さんのラッカー塗料と変わりはないかと。
ラインナップを見る限りTS、AS系スプレーを瓶入りで出した感じですね。
Mrカラーとかぶる色に関してはお店に行ったときの在庫次第かと。
カラーナンバーはX&XFだと飛び飛びになるようなラインナップなのでポリカ用みたいに独自番号でこのままいきそうですね。

12月07日 00:25このコメントを違反報告する

rxm1394b

rxm1394b
しんや さん こんにちは
GSIクレオスが水性系を二種類出しているのが特徴的ですね。
海外では規制の関係でラッカー系がほとんど流通できなかったのが緩和の方向で動いているようでそこも関係しているのかもしれません。
番号に関してはMrカラーでも統一されていないのでこの辺は今後の展開次第かもしれません。

12月07日 00:30このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。