模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

RG250Γ その一

2018/05/17 18:27

M_image

  ブラボーとは

静岡ホビーショー改めて参加の方々お疲れ様でした。
帰ってきて気が抜けたのか体調がイマイチでしたがとりあえず復活気味なので制作再開。
2000GTはいまだにクリア掛け&研ぎ出しの繰り返しなので日誌にもならない為にどうしようかと考えた末”ガンマ”を進めていくことにしました。
今回は電飾についてのかなり適当な製作日誌です。

M_image

  ブラボーとは

その前に…
このアオシマのキット、パッケージ&デカールはハーフカウル仕様なのですが元々フルカウルとのコンパチキットの為フルカウル&シングルシートカバーがついてきています。
ハーフカウルにするにはフルカウルを切り取るしか無いのですがメンドイのでそのままGO!になりそうです(笑)

M_image

  ブラボーとは

メーターの電飾ですが今回は独立した3つのメーターになるので各個別にLEDを仕込んでいく形を取ります。
まずはLEDを入れるために穴を開けますが小さい部品などはランナーに付けたままのほうが作業しやすい場合もあるので今回はランナーにくっついたままになってます。
大きい方のメーターは3mmのピンバイスで穴を開けてリューターで広げていきます。
今回は外径6mmなので4.5~5mmくらいのビットを使ってます。
小さい方は2mmのピンバイスで開けただけで終了してます。

M_image

  ブラボーとは

ちと失敗(^_^;)
リューターの勢いが強すぎたのか周りが少し溶けました(笑)
こういった場合はパテや瞬着などで補修するよりも作り直したほうが早いので作り直します。
今回のメーター部分は6mmなので6mmのプラパイプを作業できる長さで切って接着。
完全に接着剤が乾いてから高さを揃えて出来上がったら真ん中の穴を広げていくだけ。
形状的に単純なメーターならプラパイプの組み合わせで電飾可能なメーターが造れます。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

修復後のメーターパーツ(5・6枚目)
グレーの部分が作り直した部分。
ベースの部分が接着剤の影響で幾分凸凹してますがこのあたりはどのくらいで妥協できるかが鍵になりますので今回はコレで行きます。

M_image

  ブラボーとは

セミグロスブラックで塗装。
凸凹した部分を除けば概ね良好。
アップ画像だと粗が見えますが裸眼だとよく見えないのでこんなもんです。

M_image

  ブラボーとは

さて気を取り直して作業の続き。
内側にLEDの反射用にシルバーで塗装。エナメル塗料での筆塗りです。

時間切れのため今回ここまで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

シノイヌ

シノイヌ
私は、まだまだ、腑抜け状態です。(笑)
”積みプラ”の驚異を感じつつも、
SHS参加作品を、徐々にアップしていくことから初めています。

05月17日 18:49このコメントを違反報告する

rxm1394b

rxm1394b
シノイヌ さん
少しづつでも消化していかないと増える一方なので早速始めてます。
来年に向けてパワーアップしながらお互い頑張りましょう

05月17日 19:10このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。