模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

道具のお手入れ

2018/07/04 15:23

M_image

最近は以前に比べても製作用工具・道具が豊富で選ぶのも一苦労してたりもしますが、塗料などの消耗品と違って道具のいくつかは手入れが必要になります。
写真の塗装用持ち手もその一つ。塗装で使っているうちに塗膜がどんどん厚くなっていき持ち手として役に立たなくなるだけでなくパーツ飛ばしにも貢献してくれます(笑)
使い始めてから2年以上経っているので本来平らな部分が凸凹になってしまった平持ち手を今回は洗浄します。

M_image

凸凹になった平持ち手のアップ。
ラジオペンチで先端部分をグリグリすると皮を剥くようにバラバラと剥がれ落ちて断面が年輪のようになってました(笑)

M_image

洗浄といってもツールクリーナーにドブ漬けするだけ。
ツールクリーナーはエアブラシ洗浄時にでる廃液を再利用。うすめ液の溶剤と違って強力に溶かすのでエアブラシ洗浄程度の汚れならほとんど効果は落ちていないので廃液でも十分使えます。
廃液の中で使い古しのボロ筆でハサミ部分を洗浄していき下地の金属部分が出てきたら引き上げて新しいツールクリーナーを綿棒に付けて残りの部分や内側を磨くようにして落としていきます。

M_image

右側が洗浄終了したもの。
左側の洗浄前と比べてもハサミ口の厚さが違うのがわかるでしょうか?
塗膜による凸凹も解消してスッキリ。

残りのものは暇を見て順次進めていきます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー29 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。