ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

1/48 F-4J  「1005チップLED」のハンダ付け方法&道具&材料など

2017/05/02 11:49

M_image

  ブラボーとは

メンバーの皆さんのご要望にお応えし、最近私が多用しています「1005チップLED」についてのご紹介から始めます。

「1005チップLED」は1mm×0.5mmの大きさで、現在市販されていますチップLEDでは最小だと思われます。

「1608チップLED」と比較すれば判りますが、その小ささは際立っています。

現在チップ単独で入手できるショップは「草心デジタル」、配線済LEDは「模型電子部品ショップMSR」などに限られている様です。

M_image

  ブラボーとは

このチップにハンダ付けできる配線は写真左側の「0.08mm径 ポリウレタン撚り線」でなければ不可能だと思われます。

通常のチップLEDは写真右側の「0.14mm径 ポリウレタン撚り線」でも可能です。

入手できるショップは「エルパラ」のみではないかと思います。

M_image

  ブラボーとは

ハンダごての「こて先」は15Wの場合、写真上φ0.2のI型が最適だと思います。
(HAKKO製ハンダごての場合)

M_image

  ブラボーとは

「かまぼこの板」に百均ショップで入手した「アクリルフォーム両面テープ」を貼り、その上にチップを貼り付け、ハンダ付けする面に「プリント基板用フラックス」を塗ってから最小限のハンダをハンダごて先端に溶かし、1~2秒で上記の「ポリウレタン線」をハンダ付けするようにしてください。

チップは熱に弱いのでこのテクニックが必須です。

この作業はかなり大変で最初は失敗が続くでしょうが、慣れるまで辛抱強く努力してください。
(^。^)g_ファイト!!

ハンダ付けが上手くいったら、精密ピンセットまたはデザインナイフでチップを慎重に剥がしてください。

配線部分を持って剥がすとハンダ付けした部分が取れたり、配線が切れてしまうおそれがありますのでその方法はお勧めできません。

M_image

  ブラボーとは

そこまで上手く出来た後、配線を通す部分をスジ彫りし、そこに配線を埋め込んで透明ボンドで接着。

翼端灯部分にはチップを埋め込んで接着します。

この飛行機の場合は翼端前後に航法灯がありますので、片側で2セット必要になりました。

それらは主翼根元以降でそれぞれの配線を統合してハンダ付けしました。

埋め込んだ配線を隠したり隙間を埋めるにはラッカーパテを使い、乾燥後に整形します。

M_image

  ブラボーとは

翼端灯部分は写真の「紫外線照射透明接着剤」で固定・カバーリングしました。

M_image

  ブラボーとは

その後、翼端灯部分はクリヤーカラーで塗装すればその部分は完成となります。

配線を電池ボックスに接続してテスト点灯すれば写真の様に上手く光ってくれます。

この写真は主翼右側部分ですので「青色1005チップLED」を使っています。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。(^o^)v


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー38 お気に入り登録19   ブラボーとは


コメント6件

gunda(O-MIYA)

gunda(O-MIYA)
こんにちはー

うはーw 超小型のチップLEDを使用されていたのですねー
老眼が始まっている僕ではハンダ付けで目が潰れそうですw

さらに主翼にスジボリしてそこに極細配線を通していたとは、
ファントム綺麗だなーどうやってるんだろう?
と軽い気持ちで日誌を読ませて頂いたら、
とんでもなく高度な作業をされていたでござる!

すごい!!

05月02日 16:06このコメントを違反報告する

ひげのば

ひげのば
どーもです
とても参考になりました
チップを使うと幅が広がりそうですね
でも技術が( ; _ ; )/~~~

05月02日 16:38このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
gunda(O-MIYA)さん
こんばんは・・
コメント、有難うございます。
>老眼が始まっている僕ではハンダ付けで目が潰れそうですw
このハンダ付けはもちろん裸眼では無理ですので、5倍程度の「固定式拡大鏡」を通して作業しています。
ハンダごてを持つ手もぶれないよう固定するようにしています。
今ではほぼ100%成功する様になってきました。
微細作業ではありますが腕時計職人や宝飾品製作職人などに比べれば大した事ではないのでは・・(笑)

05月02日 19:31このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
ひげのばさん
こんばんは・・
コメント、有難うございます。
これらは私が試行錯誤しながら確立した方法ですが、参考になれば幸いです。
今では新たな分野として「Arduino」を使った電子工作に挑戦中で、各ディバイスの研究や海外からの取り寄せをしたりして試行錯誤しています。(^_^;

05月02日 19:38このコメントを違反報告する

schu

schu
こんにちは。
日誌としてまとめていただきましてありがとうございました。
「製作中の写真」のF-4で一体どうされているのだろうと思っていたのですが、そこには最新のLEDパーツとハンダの超絶技術があったのですね。
参考とさせていただきたいと思いますが、まずはハンダ付けの特訓をしなければ、、、orz
今後も宜しくお願い致します。

05月03日 15:11このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
schuさん
こんばんは・・
コメント、有難うございます。
ご指摘の通り、この超極小チップが市販される様になった事でこの様な電飾が可能となりました。
それ以前ですと翼端先端部分まで光ファイバーを通すしかなかった訳で、スジ彫も深くしなければならず輝度も暗く、この様に綺麗には光ってくれません。
技術の進歩に対応し、私も技術力アップに努めているので~す。e(^。^)g_ファイト!!
こちらこそ今後もよろしくお願いします。

05月03日 20:17このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。