模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ストラクチャーへのダメージ表現

【第10回】ストラクチャーへのダメージ表現


市販ストラクチャーを削ってダメージ表現を施します。ダメージ表現は控えめに進めていくのがポイントです。

ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
戦車・軍用車両
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
モールド付け 

 

今回は戦時中のジオラマなので、建物にもダメージが及んでいます。建物のダメージ表現にはどのような状況で、どのような砲や榴弾で爆破等が行われたのか、イメージがとても大切です。

しかし戦争のジオラマであれば、戦争映画等を度々ご覧になる等の伏線がないと、形にしようというイメージも難しいかと思います。
そういうときにはインターネットのWikipedia等を参照いただき、戦時中の街の様子や、再現したいシーンのキーワード等、画像検索で探してみると、より具体的なジオラマのイメージが固まって、形にしやすくなります。
イメージや根拠に基づいた表現から、1つ1つの加工に説得力が生まれます。

なお、この後の工程でグラベル(砂利)を盛ると、ジオラマのイメージは大きく変わるので、切削の段階ではダメージ表現は控えめに抑えておくのがポイントです。

公開日 2015/06/08


ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。