ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

溶きパテを用いたテクスチャーの調整

【第14回】溶きパテを用いたテクスチャーの調整


溶きパテを用いて路面テクスチャーの不規則な模様を再現します。路面の表情を不規則にすることで、景観にリアリティを再現することができます。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
戦車・軍用車両
製作工程
ジオラマ制作
テクニック
地面の作り方 

 

身近な地面や道路を見てみるとわかるのですが、路面に同じタイルやパターンが敷かれていても、ひび割れやシミなどでその表情は決して一定なものではありません。
ラッカーパテをシンナーで溶いたもの、通称“溶きパテ”と呼ばれる素材を、毛先を短くカットした筆で叩きながら塗りつけて、表情の変化を追加する工程です。「ドライブラシ」と呼ばれる汚し塗装技術の応用です。

 

瀬川たかし

均等な路面テクスチャーの模様に不規則なモールド(凹凸)が加わることで、路面の表情が豊かになりました。溶きパテをドライブラシの要領で叩く手法は
建物の外壁等にも応用できる技術です。やりすぎると完成時にくどくなってしまうので、「少し物足りないかな?」くらいのイメージが仕上がりとしてちょうど良いです。

公開日 2015/06/16


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。