ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

ステンドグラスパーツへのダメージ加工

【第20回】ステンドグラスパーツへのダメージ加工


市販ストラクチャーキットに付属している、建物のガラスを再現するクリアパーツのダメージ加工を施します。

ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
戦車・軍用車両
製作工程
ジオラマ制作
テクニック
プラ材による小物製作 

 

鉄道模型用をはじめとした今日の建物ストラクチャー製品は、手を加えなくても精密にできています。今回使用していますトミーテックさんの教会もまた、バランスやディティールの精度が高い事はもちろんですが、窓ガラスのパーツは別途モールドが施されたクリアパーツになっていたりと凝った作りになっています。

外壁や汚す塗装に力を入れても、ガラスが新品状態だとジオラマ情景として見た場合に目立ってしまいますので、破壊されていない程度の被弾ダメージを再現します。

クリア樹脂はほんの少しの衝撃ですぐに2つに割れてしまいますので、慎重に作業を進めます。

 

瀬川たかし

建物ストラクチャー本体に取り付ける直前の、ダメージ加工を施したステンドグラスです。パステルで汚しや表現を加える際にはできる限り多くの色を使用すると、奥行きが再現できます。
今回は付近の建物から飛来してきた火の粉を再現したかったので、明度の異なるブラウン系の色を3層に重ねて綿棒でこすりつけています。

公開日 2015/07/14


ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。