ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

路面テクスチャーの検討と選定

【第8回】路面テクスチャーの検討と選定


ジオラマの表情を決定する路面テクスチャーを選定します。しかしテクスチャーは模型素材ではなく、今回はベースとしてアパレル素材であるレザー(皮革)を採用しました。

ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
戦車・軍用車両
製作工程
ジオラマ制作
テクニック
地面の作り方 

 

ホビーショップには鉄道模型のフロアはじめ、多くのジオラマ素材が販売されています。そのうち路面や壁面素材となるテクスチャーシートに至ってはホビーの枠を超えて、建築模型や美術素材としても重宝されています。
もちろんそういった中からテクスチャーを選択するのが王道ですし、作品の和も形成しやすいのですが、今回はあえてアパレル業界、アクセサリー素材売り場にあったレザー(皮革)の端切れを、テクスチャー素材として活用できないか、採用してみました。

 

瀬川たかし

今回は路面テクスチャーとしてレザー(皮革)を採用しましたが、面積を埋めるだけの量がないので、次回の記事でテクスチャーの複製手法についてご紹介します。
レザーをそのままテクスチャーとして使用する際には、メタルプライマーを吹き付けてから作業を進めないと、うまく塗装できないケースがあります。

公開日 2015/06/04


ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。