模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

サーフェイサー吹きつけよう

タミヤ「1/24 スポーツカーシリーズ エンツォ フェラーリ レッドバージョン」を作る


このタミヤのモデルは手ごろな1/24で、エンジンやコクピットなどがとてもよく作りこまれています。また特異なボディラインも綺麗に表現されています。今回の製作ガイドは自動車模型の第一弾なので、「初めてでも失敗しないプラモデル作り」としてガイドしていきます。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
塗装
テクニック
サーフェイサーによる下地処理 

サーフェイサーを吹き付けよう

「サーフェイサー」は塗装前の下地を整えるために塗布しますが、同時に下色の影響を塗装色に及ぼさないためにも使用します。

「ダッシュボード」は黒のした色部分に赤を塗りますが、そのままでは赤が沈んだ色になってしまいます。そこで「サーフェイサー」を吹き付けます。

持ち手をつけよう

ふぉっくす・赤井

ボディパーツは同じ条件で、まとめて作業します。
まずはそれぞれの持ち手をつけます。

1度目

サーフェイサーの吹きつけは一回で厚く吹くのではなく2~3回に分けて行います。
今回のボディパーツは3度に分けました。

2度目

このモデルのボディは凹凸が多いので、サーフェイサーは3度吹きして均一な層にします。

3度目

缶スプレーは指先で吹き付ける圧力を弱めると、塗料がダマになったりしてしまうので、吹きながら缶を動かして、パーツに届く塗料の量を調整します。

公開日 2013/03/26


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。