ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

パーツを切り離そう

タミヤ「1/24 スポーツカーシリーズ エンツォ フェラーリ レッドバージョン」を作る


このタミヤのモデルは手ごろな1/24で、エンジンやコクピットなどがとてもよく作りこまれています。また特異なボディラインも綺麗に表現されています。今回の製作ガイドは自動車模型の第一弾なので、「初めてでも失敗しないプラモデル作り」としてガイドしていきます。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
パーツ整形・調整
テクニック
ゲートの切断 

ランナーからパーツを切り離そう

プラモデルの各パーツには、金型ごとにランナーでつながって成形されているので、まずはそのランナーからパーツを切り離します。
この時、パーツを無理に切り離そうとすると、パーツの形自体を傷つけてしまうことがあるので、パーツを切り離す時はランナーとパーツを繋いでいるゲート部分を、パーツに残すようにする「二度切り」と言う方法があります。

次の動画では「スプルー」「ランナー」「ゲート」がどういうものか、また「二度切り」によるパーツの切り取り方法をご紹介します。
尚、パーツに残ったゲートについては「第9回 切断面をきれいにします。」にてご紹介します。

パーツを切り離すにあたって

パーツの中で透明(もしくは着色透明)のパーツは、他の不透明色のパーツに比べ割れやすい性質があります。そのため切り取る時にも注意が必要です。もちろん使用するニッパーの切れ味も確認してください。
また、ごく小さいパーツは切り取る際に飛ばしてしまい、無くしてしまう事があります。そこで、マスキングテープを使って紛失しないようにします。
それらのことを動画でご紹介します。

公開日 2013/03/26


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。