ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

砲列甲板、搭載艇の艤装を作る

【第16号】砲列甲板、搭載艇の艤装を作る


船首側の砲列甲板を仮組みして、噛み合わせを確認する。また、前号で作った搭載艇の骨組みにキールなどを付けてから、補助具から外す。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
帆船
製作工程
組立・接着
テクニック
木工ボンドによる接着 

砲列甲板の仮組み、搭載艇の艤装のコツをご紹介!

今号ではいよいよ砲列甲板の前半部分を組み込みますが、今回は仮組みです。後の号で後半部分を仮組みして、修正が必要かどうか確認してから、実際に接着剤と釘で固定します。もうひとつの搭載艇の続きの作業も、あわせておこないますよ。

搭載艇にキールを取り付ける

搭載艇にキールなどを接着します。キールの曲線部分は弱いので、折れたりしないように、注意しながら慎重に作業を進めましょう。

補助具から搭載艇を切り離す

搭載艇を補助具から切り離します。繊細かつ大胆に作業しましょう。ノコギリを使用する場合は、ゆっくり、力を入れ過ぎないように挽くのがコツです。

公開日 2014/05/30


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。