模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

船体を着色する

【第74号】船体を着色する


喫水線よりも上側を着色する。仕上げのバリエーションによって塗り方が異なるので注意しよう。また舷門の飾りと砲門の上枠を設置する。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
帆船
製作工程
塗装
テクニック
アクリル塗料(画材)による塗装 

腰板を張り付けて塗装する

今回は久しぶりに船体の外板部に戻って、外板上部に腰板を1枚追加で張り付けます。あとは下地剤を塗布して、マスキングなど塗装の基本作業になります。塗装範囲が広いのでマスキングはしっかり行いましょう。

はみ出した塗装のリカバリー方法

塗装が十分に乾燥したら、マスキングテープを剥がしましょう。塗装する面積が広くて曲面なので、塗料がにじむことがありますが、諦めずにリカバリーしましょう。塗装が完全に乾いてから作業するのがきれいに仕上げるためのコツです。

公開日 2014/06/03


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。