模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

道具や接着剤を用意する

【第2回】道具や接着剤を用意する


模型製作にはもちろん道具や接着剤が必要ですが、その模型の種類によって使用するものが違ってきます。今回はこのモデルを製作するのに「私が使用した道具」を用途を大別して紹介します。中には使用感のあるものもありますので、その点ご理解ください。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
神社仏閣
製作工程
下準備
テクニック
工具・接着剤等の準備 

測って、印を付ける道具

ふぉっくす・赤井

・スケール
ステンレス製の150mmスケールに、ディップスと言うものを取り付けています。
金属製のスケールはこのまま刃物をあてても安心ですし、このディップスを取り付けることで、いちいち測らなくても同じ長さを求めることができます。

・ディバイダー
主に寸法の転記に使用します。

・シャープペンシルと替え芯
芯の堅さはB以上が望ましく、私は2Bを使用しています。
また太さは0.5mmと0.9mmを使い分けています。

切ったり、穴を開けたりする道具

ふぉっくす・赤井

カッターナイフ 、ニッパー、彫刻刀、 薄刃鋸 は「第6回 パーツの形を確認して加工する」にて、 ドリル刃ピンバイス は「第19回 パーツに穴開け加工をする」にて使用します。

削る道具

ふぉっくす・赤井

・金ヤスリ、ダイヤモンドヤスリ、 紙やすり(240番)

製作を補助する道具

ふぉっくす・赤井

・マスキングテープ、両面テープ
接着時の固定や塗装時の仮留めに使用します。
マスキングテープにはテープディスペンサーを取り付けて使いやすくしています。

・アングル(アルミ製)
木製模型、特に建築模型では「直角」を出すことが非常に重要なので、ホームセンターなどで売っているアルミ製のアングルを流用しています。

・クリップ
主に仮留めの時使用します。洗濯ばさみでもOKです。

・ピンセット

接着剤

ふぉっくす・赤井

・木工ボンドは「第8回 木工ボンドで接着する」にて紹介します。

・瞬間接着剤は「第9回 瞬間接着剤で接着する」にて紹介しますが、今回の組み立てでは一番多用しました。

・「合成ゴム系接着剤」は「第20回 金属パーツを接着する」で紹介します。

公開日 2014/12/27


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。