ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

モデルを選ぼう

エンジンRCカー 1/9 4WD ラリーカー DRX ランチア・ストラトスを作る


「エンジンのパワーによって走行するR/Cカー」の製作~走行を、わかりやすく解説していきます。この連載では、京商から発売されている「1/9 4WD ラリーカー DRX ランチア・ストラトス」を取り上げて、GP R/Cカーの魅力をお伝えします。

ブラボー0 お気に入り登録2   ブラボーとは


モデルを選ぼう

RCハマー

ここでは最もポピュラーなR/Cカー、その中でも「エンジンのパワーによって走行するモデル=GP R/Cカー」の製作~走行を、わかりやすく解説していきます。「GP」とは「Gus Power」の略で、エンジンの力を動力源にしていることを指します。これに対してモーター&バッテリーを動力源にするモデルは「EP(=Electric Power)」と呼ばれますが、そちらについては「EP R/Cカー」のページで紹介します。

まずは製作するモデルを選びますが、R/Cカーは一般的な模型と異なり、“好きなモノを選ぶ”というわけにはいきません。なぜなら“オモチャではない”からです。実車を運転するには免許証が必要ですし、免許の種類によって運転できる車種が異なります。R/Cカーの場合、免許証こそ不要ですが、扱うユーザーのスキルによって“扱えるモデルのグレード”が変わります。ですので、少々強引ではありますが、以下の条件でモデルを選びました。

・本格的な仕様、構造でありながら、初心者でも組み立てることができる。
・R/Cカーの基本から応用まで学ぶことができる。
・ユーザーのレベルに合わせたチューンナップが可能。

上記の条件に照らし合わせると、必然的に「レース専用」「上級者向け」というモデルは除外されます。初心者の多くは、実はそうした上位モデルに惹かれますが、ここはグッと我慢してください。前述したように、R/Cカーは“オモチャ”ではありませんから、十分なスキルが備わっていないまま上位モデルに取り組むと、様々なトラブルの要因になってしまいます。まずは基本を習得してから、着実なステップアップを図りましょう。

ですが、ひとつ朗報もあります。R/Cカーの性能や仕様を決定するのは、“採用されるシャシー”なので、車種──つまり“ボディ”は好きなものを選ぶことができるのです。というわけで、選んだのが京商から発売されている「DRX ランチア・ストラトス」。この「DRX」というのが“採用されるシャシーのシリーズ名”で、「ランチア・ストラトス」は“セットされるボディの車種名”になります。そのため、モデルの仕様や性能を知るには「DRX」というシリーズを調べればいいのですが、このシリーズは「9分の1」という独自のスケールを採用しています。その理由の主なものは次の通りです。

・幅広い路面に対応できる(=走行場所を選ばない)。
・シャシーサイズに余裕があるので組み立てやすい。
・モデルサイズに対して、エンジンのパワーが適度なので扱いやすい
・モデルサイズが大きいので、走行中の動きを捉えやすい。
・上位モデル(1/8スケール)のノウハウを踏襲している。

どうでしょう。これから本格的にGP R/Cカーに取り組もうと考えているユーザーにとって、まさに理想的な仕様となっているのです。

公開日 2012/12/15


ブラボー0 お気に入り登録2   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。