模型付きマガジン・特選商品を買うなら、ホビー好きが集まる、ホビコム by デアゴスティーニ

プラ板からパーツを切り出す

【第8回】プラ板からパーツを切り出す


前回まで工作に使用する用具の紹介を中心に説明してきましたが、これからはいよいよ実際のスクラッチ事例をもとに作業工程を解説していきます。
キャラクターものでよく使われている武器の中から、パーツ数もあまり多くない「サブマシンガン」を制作していきますので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。

ブラボー3 お気に入り登録1   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

 

まずは主要パーツの中から基準となる「機関部」の制作に取りかかります。
この部品は基本的には「箱」を作ってしまえば成立する形状ですが、一部に曲面があったりしますので、応用編の基礎として適当な要素が詰まっていると思います。

側板の切り出し

まずは側面を構成する「側板」の切り出しをみていただきました。本来はケガキ針を使ってアタリを取りますが、動画での視認性を重視して、シャープペンを使っていますのでご注意ください。

複数枚を正確に切り出すには?

側板は左右で2枚同じものが必要となりますので、瞬間接着剤を使って2枚張り合わせてから同じ形状にカットしていきます。
この方法は同時に作る材料の数が4枚、8枚と増えていっても応用できるので覚えておいてください。
動画中での説明を割愛していますが、貫通穴が必要な場合には張り合わせた状態で空けておくことで作業性と精度が向上します。

公開日 2014/05/21


ブラボー3 お気に入り登録1   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。